KLMの・・・・Boeing777

本当はジャンボを期待していたんです。それもニューデザインの。

でも降りてきたのは、従来デザインのBoeing777でした。

まぁ、KLMジャンボは成田空港に来るたびに見ることができていたので、たまにはBoeing777でもいいか!

ということで、RWY34Lに降りてきたKLMのBoeing777です。NR-1075

誘導路に入り、スポットに向かうところ。NR-1079

到着したのが9時半で、約2時間の滞在後、11時半にランプエリアを出ていきました。 ジャンボほどではありませんが、結構堂々とした様子ですね。

Boeing777-200/ER。胴体とエンジンが太く、がっちりとしてます。NR-1764

そして離陸滑走。 重たいせいか、加速は鈍い感じです。エンジンの甲高い音が響きます。このエンジンから噴出されるジェットの力だけで加速するんですね。要は濃くて勢いのある空気を噴出して機体を押し出しているんですよね。すごいなぁ。。。(改めて)NR-1856

目の前を疾走していきます。 こりゃ、上昇するところは撮ることができないな・・・・と半ばあきらめ。

北風運用なら良かったのに、この少し前に南風運用に変わってしまったことを恨みました・・・・。NR-1858

ようやくローテーション。 でもメインギアはガッツリと滑走路面に張り付いてます。 NR-1860

ちょこっとだけ左に傾いて、エアボーン。

・・・と、今日の写真はここまで。NR-1863

エアボーン後はメラメラと逆光でとてもお見せできる写真ではなかったので。。。。(^^;)

このKLMを撮ったあたりから、撮影の限界を感じ始めてました。国際線はどうしても離陸滑走距離が長くなりがちで、滑走路の中間点が第1ターミナルの展望デッキのかなり左手(南)にある成田空港の場合、南風運用になると離陸シーンが撮りにくくなるんです。しかも、冬のこの時期、南中時刻は早めで、昼前に逆光になります。

 

さて、昨日のニュースで日米航空交渉の結果が報じられていましたね。

羽田空港の日中帯にアメリカ行きの便が増便されます。

羽田空港を昼間に出発して、アメリカ東海岸のニューヨークやボストンに昼間に到着するという便の運用ができるようになります。

デルタやユナイテッドのジャンボ、来ないかな・・・・。

早くて今年の秋?!

楽しみです。

 

さて、今朝の甲子園はとってもよく晴れて、窓からは遠くに六甲山(?)が見えます。

午前中、西宮で打ち合わせを行い、その後急いで東京に帰り、16時から東京駅近くの顧客に提案説明をしなくてはなりません。

今日もあわただしい1日になりそうです。

 

皆様、良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。