海南航空のBoeing737

今日は当ブログ初登場の航空会社です。

中国の海南省海口市に本拠地を置く、海南(ハイナン)航空です。コールサインはそのまま”ハイナン”。

ところで、海南省ってどこだ? ということで調べてみました。

中国最南に位置する省で、海南島と周辺の島から構成される小さな省なんですね。

今話題となっている南シナ海の西沙諸島、南沙諸島、中沙諸島も海南省らしいです。

こんな航空会社があったなんて、知りませんでした(^^;)

その海南航空のBoeing737がRWY16Rから上がってきました。 初モノです!

NR-2469

中国らしいデザインですね!

赤と黄色の結構派手なデザイン。

飛行機はBoeing737-800です。NR-2473

ウィングレットにも垂直尾翼と同じ絵柄が描かれていますね。ドラゴンが口から吐き出す火炎のように見えます。NR-2479

この航空会社、スカイトラックスのThe World’s 5-Star Airlines、要は5つ星エアラインに認定されているんですね!

海南航空は昨年の12月から成田-西安線を就航させたそうです。どうりで今まで見たことなかったわけだ。

でも、海南省海口に行くんじゃなくて、西安なんですね。NR-2482

いまだに成田空港に行くと、こうして初モノに出会えるんです。

やっぱり成田空港は楽しいですねぇ。

 

ところで、昨日、グライダーが民家に墜落したというニュースが飛び込んできました。

びっくりです。

大利根飛行場を飛行機曳航で離陸した複座機、SZD-50-3、プハッチが民家の屋根に突っ込むようにして墜落したとか。

一体、何があったのでしょうか。

想定していた以上に沈下(下降気流)が激しく、飛行場に戻る目途が立たなくなり、着陸場所を探しているうちに高度が無くなり、それでも飛んでいようとして速度を落としすぎ、旋回する際にスピンに入ってしまったとか、失速してしまったとか、、、、

グライダーの事故は身近に感じるだけに、ビックリしてます。

 

さて、昨日の夜は大阪オフィスの同僚と一緒に「すき焼き」を食べに行きました。

大阪の繁華街に似合わない、純和風の料亭で、とってもおいしいすき焼きをいただきました。

大きな和室の個室で、おかみさんというか、お店の方が丁寧に作ってくれました。

昨日のお肉は佐賀牛とのこと。本当においしかった!

私の知っているすき焼きは最初に牛脂をひいた鍋で牛肉をさっと焼いて、そこに割り下を入れて野菜などを入れて煮込む・・・・というものですが、昨日のすき焼きは全く違ってました。

表現が難しいのでここに書けませんが、まさに「すき”焼き”」でした。

いやぁ、大阪・・・・まだまだ知らない事がたくさんあります。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。