オーストリア航空のBoeing777-200/ER

音楽の都、ウィーンがあるオーストリア。

そのオーストリアと成田を直接結んでいるオーストリア航空が、今年の9月で日本から撤退します。

成田空港のお昼頃、欧州便出発ラッシュの常連メンバーだったオーストリア航空、見られなくなっちゃうんですね。

写真は4月2日に撮影した11時20分発のOS52便、ウィーン行きです。NR-8772

機材はBoeing777-200/ER、短いBoeing777ですが、遠くまで飛べるバージョンです。

滑走路を半分ほど走ってローテーション!

12時間のフライトのための大量の燃料を積んでいるにしては確かに、早いローテーション。

お客さん、少ないのでしょうか。。。。NR-8773

欧州便でこの角度でエアボーンを見ることができるのはラッキーなんですが、撤退のニュースを聞いた今、その”軽さ”が気になりますね。NR-8775

エアボーンしました!NR-8776

ここからは”翼”に注目。

この角度からではまだその”しなり”はあまり感じられません。NR-8779

この角度になると、翼の特に水色の大きなエンジンがぶら下がっているところから外側が大きくしなっているのがわかります。

上昇する飛行機の姿とこの翼のしなりを見ると、「飛んでる!」感がたっぷりです。NR-8781

ギアの格納を開始。

これから12時間、ウィーンまでのフライトです。 NR-8784

このオーストリア航空が9月に日本を撤退すると、日本からウィーンへの直行便はなくなってしまいます。

1989年に開設された日本-オーストリアの路線が27年間の歴史に幕を下ろします。

ウィーンは音楽の都ということで、日本でもなじみがあり、私の周りにも何人か「ウィーンに行ってきた」という方がいます。

9月以降、ウィーンに行くにはドイツのフランクフルトとかミュンヘン経由で行くことになるんですね。

オーストリア航空は今後、中国路線を強化していくそうです。

ヴァージンアトランティックに続き、オーストリア航空もか・・・・

 

さて、九州地方の地震が心配です。

未明から再び大きな地震が続いています。

一昨日の地震は前震で、今朝の地震が本震だとか。

揺れの範囲もより広範囲になっていて、大分でも大きな揺れが発生しているようです。

熊本をはじめ、大分、宮崎の皆様、お見舞い申し上げます。

不安な毎日をお過ごしのことでしょう。

まだ祈ることしかできませんが、皆様の安全をお祈りしています。

お気をつけてお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)