Boeing737、成田空港でも活躍

成田空港で主流になっているBoeing777やAirbus A330の写真に続き、やっぱり4発機!ということでBoeing747やAirbus A340、Airbus A380の写真を掲載してきましたが、成田空港でもちびっこのBoeing737が活躍しています。今日はそのBoeing737が主役です。

まずは春秋航空日本のBoeing737です。

名前は中国の航空会社っぽいですが、最後に”日本”がついていることからわかる通り、日本の航空会社です。

中国の格安航空会社である「春秋航空」と日本の企業が出資して設立された日本の格安航空会社です。

コールサインは「J-SPRING」です。NR-7788

こちらは韓国のLCC(格安航空会社)であるEASTAR JET。

最初はどこの航空会社?と思ったのですが、韓国だったんです。NR-9104

こちらも韓国のJEJU  AIR。

機体後部に何か書いてあります。NR-9137

男性がくつろいでいる絵が描かれていますが、この男性は韓流スターの「キム・スヒョン」という人らしいです。

彼の口から噴き出しで「Hello 你好 こんにちは」と3か国語で”こんにちは”と書かれています。

この飛行機反対側はキム・スヒョンさんを含む4名の絵になっているそうです。反対側も見たい・・・。NR-9143

こちらも韓国のLCC、T’WAY。実は韓国では最初に作られた格安航空会社だそうです。

垂直尾翼のマークはアポストロフィ?!NR-9394

HAINAN AIRLINESはその名のとおり(?!)、中国のLCCです。漢字で書くと”海南航空”。

赤と黄色の模様が中国っぽいですよね。NR-9710 NR-9714

こちらも中国の航空会社である厦門航空(アモイこうくう)。

英語表記はXIAMENで発音は”シャアメン”。

一時期Boeing787が来ていて、私も撮ったことがありますが、最近は2便ともBoeing737?NR-9805

台湾のCHINA AILINES。コールサインは「ダイナスティ」。

咲きかけた桜を背景に、鮮やかな梅の花がテイクオフ。NR-9817

もう1機、厦門航空のBoeing737。厦門航空は午後15時前後に2便出発します。福州行きと厦門行きです。

時々、その2便は旧塗装と新塗装だったりして楽しかったのですが、この日は両方とも新塗装でした。NR-9889

ということで、今日はちびっこのBoeng737でした。

お気づきのとおり、全部が日本のお隣さんといえる韓国、中国、台湾の航空会社です。

近い韓国ならもしかしたら沖縄に行くのと同じくらいの飛行時間ですし、福州でも3時間50分です。

4時間前後で行ける範囲ならBoeing737でも十分に活躍できるんですね。

今日は登場していませんが、大韓航空や中国国際航空もBoeing737を成田線に投入しています。

あと、ANAやJALのBoeing737は、撮影の一休みということで撮る事すらしませんでした(^-^;

大型機に交じってBoeing737も羽田空港同様、増殖している成田空港です。

私が学生の頃は、考えられませんでした。

以前はほとんどが4発機、3発機で双発機はわずかで、Boeing737なんて、国内線でしかいなかったような気がします。

時代が変わったんですね。

 

ということで、今日はこの辺で。

皆様、良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。