サンアーク、まだいた!

JALのサンアーク、Boeing777やBoeing767、Boeing737はもういなくなっちゃいましたよね?

もう完全に姿を消したのかと思っていたら、まだいました!

ちっこい飛行機、ERJ170がサンアークでした!

以前も「まだいた!」と、ブログの記事にしましたが、6月4日に羽田空港に出かけた際にもサンアークのERJ170の離陸を見ることができました。

濃密な6月4日の午前中の羽田空港、その”濃密”だった出来事、飛行機の一つがこのサンアークのERJ170でした。

ERJ170がどれだけ小さいかというと、ジャンボと比較すると一目瞭然。

ジャンボの方が遠くにいるので遠近法で手前のERJ170はやや大きく見えているはずなのですが、それでもこの大きさの違い。

この写真でもERJ170はジャンボの三分の一の大きさ。(実際はERJ170の全長は約30m、Boeing747-400は約70mなので、半分弱なんですが)NR-6826

Boeing767と比べるとこんな感じ。

Boeing747と比べたときよりERJ170が大きく見えます。

当たり前か。。。

鶴丸とサンアークの比較にもなってます。同じ白でも白のトーンが違いますね。サンアークの時の白の方がベージュっぽく、鶴丸の白は本当に”白”でちょっと冷たい感じです。NR-6828

エアボーンして、上昇するサンアーク。

この胴体前部に書かれている「JAL」のロゴも、最初は不評だったような記憶があります。

”A”の文字を貫いているアークが三日月傷のように見えるんですよね。

旗本退屈男の額に受けた三日月型の「天下御免の向こう傷」のようだと。。。NR-6834

引き続き上昇するERJ170。

この写真の向こう側に見えるEVAのA330はある意味、予告編です。。。NR-6835

ERJ170はエアボーンも早く、上昇もすばやいので、川崎の工場群を背景に上昇する姿はなかなか撮ることができません。

またERJ170が小さいので望遠で撮るのですが、背景も大きくなり工場地帯の見える範囲が狭くなり”工場群”という雰囲気がなくなってしまいます。。。NR-6837

ということで、ギアを格納して上昇する姿。

300mmの望遠でさらに1.3倍にクロップして、さらにトリミングしてます。 NR-6844

ということで、濃密だった6月4日午前中の写真の中から、本日はまだいたサンアークの飛行機、JAL(J-AIR)のERJ170でした。

この飛行機、だいぶ汚れてきたようにも見えますし、サンアークの赤も色あせてきたようにも見えます。いつごろリペイントの時期を迎えるのでしょうか。

このJA213Jのほかにもまだサンアークはいるのでしょうか。

大阪空港(伊丹空港)に行けば、ERJ170やほかにももっと小さなJAL系の飛行機がいて、サンアークだったりする?!

羽田空港だと、このERJ170かCRJを時々見るくらいなんですよね。

いずれにしても、サンアークの最後がいつなのかはちょっと気になります。

JALの苦難の時代を乗り切ったデザインですしね。

 

さて、ようやく金曜日です。

あっという間だったけど、ようやくという感じの金曜日。

今日を乗り越えれば2連休です!

頑張りましょう!

それでは良い1日を!

2 comments

  • ☆Smallbirdさん、
    私もBoeing737はついつい”見るだけ”になってしまいます。
    撮る機種を選ぶというより、Boeing737は撮らない。。という感じ。
    あまりにも多くいるので。
    今週末、天気良さそうですよ!北風っぽいですが・・・。
    来週、南風の晴天になると良いですね。

  • ERJ、撮らない機種だけに新鮮ですね♪
    冬のハミングバードディパーチャーでは何度か撮りましたが、ついつい撮る機種を選んでしまいます。
    サンアーク塗装が希少なのを改めて感じました♪
    今週末は残念ながら飛行機は自粛です(泣)
    来週の晴天を祈って…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)