黄色いBoeing787、スクート。

シンガポールのLCC(格安航空会社)であるスクートですが、成田線での使用機材はBoeing787-9です。

LCCというと、使用機材はBoeing737とかAirbus A320といった飛行機を思い浮かべますが、スクートの保有機材はBoeing777とBoeing787だけなんですよね。採算が取れるのだろうか・・・・と心配になりますが、シンガポール航空が出資しているし、大丈夫なんでしょうね。

それではスクートの黄色いBoeing787-9のテイクオフシーンをご覧ください。

いつものとおり、ローテーションから。

シンガポールまで9時間20分のフライトですが、早めのローテーションです。NR-4278

滑走路を半分も使わずにエアボーン。軽いのでしょうか。。。

お客さんがたくさん乗っていないとなると、やっぱり採算が取れているの?と心配になります。NR-4279

FedExのBoeing777Fの向こう側を上昇するスクートのBoeing787-9。

この黄色のデザイン、独特の模様ですよね。同じようなデザインが増えてきた昨今、こういったデザインはうれしいです。楽しいですよね。 NR-4285

小さいですが、成田空港の赤い消防車と黄色い飛行機。

機体前方に「flyscoot.com」とURLが書いてあるので、さっそく見てみました。

やっぱり黄色いホームページが表示されましたが、びっくりしたのはそこに書いてある”金額”。

シンガポールまで日本円で最安16410円ですって!台北まで9410円?! 新幹線で大阪に行くよりも安い! さすが格安航空会社ですね。

実際にフライトを検索してみましたが、7月29日出発8月1日帰国で往復38,850円でした。北海道の函館往復より安い?!NR-4287

翼の先端のレイクドウィングチップの形が良くわかるのは真横よりもこの角度。

曲がってますね!NR-4292

ギアを格納し終えました。NR-4300

スクート、「SCOOT」って、英語で「走り出す」って意味なんですね。

世の中的に格安航空会社があちこちで立ち上がり、大手の航空会社もどんどん格安航空会社に出資しているから、シンガポール航空もやってみよう!ととりあえず作って、走り出してみた?!

言葉の響きはカワイイというか、親しみやすいですよね。

格安航空会社、やはり親しみやすさというか庶民感覚が大切なのかもしれませんね。

日本でもピーチとかジェットスターとかカタカタで”印象”に訴える名前ですよね。

日本からシンガポールまで、シンガポール航空も路線を持っていますが、このスクートに乗客を奪われたりしているんでしょうね。それでもスクートを就航させているのは、シンガポールに観光客を呼び込むことの方がメリットが多いからなんでしょうか。

 

今朝も梅雨空。

関東の梅雨明けっていつなんでしょうね。

梅雨明けして暑くなるのは嫌ですが、梅雨空も嫌です。

早く秋にならないかなぁ。

 

ということで、皆様、今日も良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)