CEBU PACIFICのマニラ行とセブ行き

昨日の昼頃、CATHAY PACIFICのジャンボの号外を投稿したばかりなので、今日の投稿をどうしようかな。。。と思っていたのですが、投稿しないとなんだか1日が始まらない気がするので投稿します。

ブログのメイン(トップ)ページは表示する投稿数が”2”にしてあったのですが、今日は”3”に変更して、この記事を投稿しても昨日の朝の記事がメイン(トップ)ページに残るようにして・・・・。

ということで今日の記事はCATHAY PACIFICの”CA”に続いて”CE”で始まるCEBU PACIFIC AIRです。

フィリピンの格安航空会社(LCC)です。

成田空港からはフィリピンの首都マニラと有名な観光地セブへ飛んでいます。

今日はそのマニラ行の5J5055便とセブ行きの5J5063便の離陸をご覧いただきます。(特に違いは無いのですが。。。せっかく撮ったので)

まずは11時45分発のマニラ行き。

A320なのに滑走路を半分も走ってからローテーション。nr-4477

CEBU PACIFIC AIRは60機弱の飛行機を持っていますが、A320は36機と最も多い機種です。

シャークレット付きのAirbus A320-200。LCCに人気の機種ですね。

座席は革張りだそうです。nr-4479

機体が小さいので「NARITA」の植え込み全体を入れると飛行機が小っちゃくなっちゃう。飛行機のサイズに合わせると3文字がいいとこ。

それにしてもロゴマークがなかなか良いですね。見方によっては濃い緑の木々と青い海に見えたり、風に髪をなびかせる女性にも見えます。nr-4483

フィリピンのマニラまでは4時間程で着くんですね。日本を12時頃に離陸した5J5055便は現地時間の15時頃に到着します。 nr-4488

続いては12時5分発のセブ行きです。こちらもA320にしては長い離陸滑走です。

見た目はマニラ行と全く同じ。。。。(^-^;nr-4551

セブ行きですので、マニラよりはちょっと遠いです。

途中まではマニラ行と同じ経路なのですが、マニラの手前で進行方向を南に変え、そのままなんかしてセブ島にあるマクタン・セブ国際空港に行きます。所要時間もマニラ行より30分ほど長く4時間半になります。nr-4556

ギアの格納中。

ピーチとかジェットスターとか日本のLCCのA320はさっさとエアボーンして目の前でギアを上げ始めて、斜め後ろからギアをしまい終わった姿を見せてくれるのですが、こいつはそうは行かなかった。 nr-4563

Airbusの飛行機はギアを上げる動作が遅い・・・・ということで、ここまで。nr-4567

日本からセブまでこのCEBU PACIFIC AIRで行くとすると、今日であれば3万円弱の運賃なんですね。

2泊3日で水曜日に帰ってくるとしたら帰りの運賃はマニラ経由なら3万5千円ほど。

ちなみにH.I.S.で検索すると航空会社の最安値がEVA航空で、ホテルがジェイパーク アイランドリゾート&ウォーターパーク セブってところで合計92,615円になりました。(2泊3日)

大人2人で行くとすると、NikonのD750が買える値段ですね。。。。旅行かカメラか。きっとカメラを選ぶでしょう。

どっちも選べるようになりたいです。

 

ということで、長い文章を書くと、昨日のCATHAYがどんどん下に行ってしまうので、今日はこの辺で。

今日の横浜の天気は曇りの予報。でも窓から外を見ると青空が一部除いてます。太陽の光も時折さしてきます。明日からは天気は下り坂で明日の午後以降は雨のようです。

洗濯物を干すなら今日ですね。

近所では花火も打ち上げられてますから、今日、どこかで運動会が行われるのでしょう。

皆様、良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。