紫色の巨人、TGのBoeing747-400

昨日に続いて、本日もタイ国際航空の飛行機です。

本日の飛行機は月曜日ということでもあり、Boeing747-400です!ジャンボです!

成田空港シリーズは本日はお休み、羽田空港で撮影したタイ国際航空のBoeing747-400です。

昨日の午前中、羽田空港に行って撮影したTG683便です。

昨日は気温が非常に高く、湿気も多く、空気は白く濁っていて撮影には非常に不向きなコンディションでしたが、南風でジャンボの離陸を目の前で見られるということもあり、出かけて来たんです。

それでは枚数が少々多めですが、ご覧ください。

まずはRWY16Rに向けてタキシング中のジャンボから。

途中、JALのBoeing767と並んだところでツーショットを。2機の間は結構離れていてジャンボは遠くにいるのですが、それでもBoeing767よりも大きい。。。

大田区の街並みというか、ビル群と首都高速羽田線、モノレールの線路を背景に。

ラインナップする際の定番。正面顔!!

卵型の顔、4つのエンジン、ウィングレット、高い垂直尾翼、Boeing747-400です!

離陸滑走中。

気温が高いので大きくて重たいジャンボは結構な距離、走るんだろうなと思いながら撮影。

この時ばかりは暑さを感じませんでした、忘れました。

滑走路の中間点を通過。まだローテーション速度(Vr)にならないか。

国際線貨物ターミナルの手前でようやくローテーション!

ゆっくりと機首を持ち上げ始めました。

メインギアのうち、翼についているギアが滑走路面から離れ始めました。胴体についているギアよりもやや前方についているんですよね。

そして胴体についているギアもかかと立ちに!いよいよエアボーンです。

翼がしなり、機体の重量を支えています。

エアボーンしました!

飛行機と飛行機の影がどんどん離れていきます。

機体はHS-TGXという登録記号です。1997年11月に登録された機体です。もう20年以上も飛んでいるんですね。とても古いBoeing747-400です。

川崎の工場群を背景に、4発のエンジンから噴き出される熱いジェットで背景をにじませながら力強く上昇するBoeing747-400。

ああ~、行ってしまった。

昨日の成田から離陸したAirbus A330と同じ、タイの首都バンコクのスワンナプーム空港行きです。

飛行時間は5時間45分。

ちなみに昨日の成田からのA330は6時間43分の飛行時間だったので、1時間ほど短いんですね。

羽田空港で見ることができるタイ国際航空のBoeing747-400。

あとどれくらい見られるのでしょうか。

噂によると今年中に退役するとか。。。

機材も数種類の機材に限定されてきたとか。

そういえば、このHS-TGXはここ最近は羽田とムンバイのチャットラパティー・シヴァージー国際空港とプーケットとスワンナプーム空港を飛んでいるだけです。

ちなみに本日の羽田便、TG682便はなんとSTAR ALLIANCE塗装のジャンボです。

そのSTAR ALLIANCE塗装のBoeing747-400も最近は羽田空港に頻繁に飛来しているとのこと。

STAR ALLIANCE塗装のBoeing747-400は7月に入ってから3日・5日・7日・8日・11日・13日・16日ともう7回も羽田空港に飛んできてます。上記のムンバイやプーケット以外に、香港や関空にも飛んでます。

本当に限られた路線で運行されています。

タイ国際航空の世界中の路線から徐々にジャンボが退役し、数少ない路線を数機で運行しているということなのでしょうか。。。

いずれ羽田空港からも・・・・。

ということで、今日も南風運用のようですのでタイのBoeing747-400を見に行きたいのですが、今日は新宿に12時半までに行かなくてはならないんです。

STAR ALLIANCEのタイジャンボはまたの機会に。またの機会があればですけど。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 − 1 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください