初Boeing787-10

6月1日の成田空港、初めてBoeing787-10に会いました。

シンガポール航空のBoeing787-10、9V-SCBです。

ほぼ真横から。

Boeing787-8の全長は56.7m、それに対してBoeing787-9は62.8m、このBoeing787-10は68.3mとBoeing787-8からは約12mも長くなってます。

確かに長いです。

Airbus A350-900とほぼ同じですね。というか、Airbus A350-900に対抗するためのBoeing787-10と言えるでしょう。

このBoeing787-10は330席とのこと。JALの国際線のBoeing787-8が161席、Boeing787-9が195席~203席なので、かなりの席数アップです。十分にBoeing777の後継機になりえますね。

さて、この日のBoeing787-10ですが、離陸滑走が長かった。。。

展望デッキからはつらい場所でエアボーンしました。

シンガポールのチャンギ国際空港行きのSQ637便で、7時間9分のフライトなのですが、重たかったのか。。。

この9V-SCBはシンガポール航空が受領した2機目のBoeing787-10です。

ちなみに、このBoeing787-10のローンチカスタマーはユナイテッド航空だそうです。でも、最初に受領したのはシンガポール航空。ANAも発注しているそうです。

最後の写真ですが、上の写真とほとんど変わりませんが、エアボーン後の写真ということで。。。

もうこの距離だとメラメラの影響が出てしまいますね( ;∀;)

Boeing787も-8、-9、-10とストレッチの進化を遂げてきましたね。

2011年9月にANAが世界に先駆けて受領してから7年。見かける機会もかなり増えてきました。

成田空港でもANA・JAL以外にもいろんな航空会社のBoeing787を見ることができます。

今後はBoeing777やAirbus A330がこのBoeing787やAirbus A350に置き換わっていくのでしょうか。

もうしばらくは新しい飛行機は登場しないのでしょうか。。。

 

さて、毎日暑い日が続いてます。

昨夜はとうとうエアコンをつけっぱなしで寝てしまいました。

一昨日はエアコンを1時間後に切れるタイマーを設定して寝たのですが、夜中に暑くて起きて、また1時間タイマーで寝て、また暑くて起きる・・・を繰り返し、昨日はかなり寝不足だったんです。

おかげで昨夜は暑くて起きることはありませんでした。

寝不足で昼間の効率が落ちるよりも、多少の電気代は払ってでも暑くて起きることが無いような環境で寝ることを選んだ方が良いですね。

ちなみに、夜間は電気代が安いので、それほどの大きな出費にはならないでしょう。

あとどれくらいこの暑い夜が続くんでしょうね。

 

それでは皆様、今日も良い1日になりますように!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve + eight =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください