フィンエアのAirbus A350、しかもワンワル!

6月1日の成田空港での無念は昨日の記事に書いた通りですが、

その無念は7月21日の成田空港できれいさっぱり洗い流すことができました。

7月21日の朝8時半。AY71便がフィンランドのヘルシンキから飛んできました。

早起きは三文の徳!

成田空港のRWY16L、Bランの北側のアプローチライトの脇で迎えます。

まだ遠くにいるときから撮影を開始。

もうAirbus A350であることがわかります。

徐々に大きくなってきます。

おっ!?

胴体の横、「FINNAIR」の大きな文字ではない!

「one world」だって!

またちょっと雲の影に入っちゃったけど、斜め前からのアプローチシーン、良いですね!!

初フィンエアのAirbus A350!!しかもワンワールド塗装!!

滑らかに、降りてきました。

OH-LWB。”B”ってことは、フィンエアの2機目のAirbus A350ってことか。

斜め後ろからのお気に入りの構図。

そしてお気に入りの斜め後ろからのドアップ。

以前、城南島でRWY22にアプローチする飛行機のこんなシーンをよく撮った!!

RWY16Lのスレッショルドを超えたところ。

管制塔も背景にちゃんと入ってます。

それにしても管制塔が遠い。。。あそこからちゃんと見てるんですよね。

ということで、6月1日は肉眼で見送るしかなかったフィンランド航空(フィンエア)のAirbus A350ですが、7月21日には成田空港に到着早々にしっかりと撮影することができました。しかもワンワールド塗装機といううれしいA350でした。

朝からテンションが上がりましたね!

嬉しかった。

まぁ、Airbus A350は退役する飛行機ではなく、これからどんどん増えてくる飛行機なので、いずれ撮影できるとは思っていましたが、それでもこの時期、この日の最初の方で撮影できたことはやっぱりうれしいことです。

 

ようやく金曜日です。

今週はいろいろありました。

いろいろあったせいか、火曜日から毎晩飲んでます。いろいろ無くても家では毎日飲んでますが、今週は外での飲み会が続いてます。

今週末は台風の影響で天気も悪くなるでしょうから、ゆっくりと休むとしますかね。

 

それでは皆様、今日は写真もちょっと多かったのでこの辺で。

良い1日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven + five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください