貴重な4発機、Airbus A340

成田空港シリーズ、30機目はSASスカンジナビア航空のAirbus A340-300です。

成田空港で見ることができる貴重な4発機。

Airbus A340はもうほんの僅か、このSASくらいでしか見ることができません。以前はルフトハンザやブリティッシュエアウェイズ、エティハド航空なんかもAirbus A340で成田に来ていたと思いますが、今ではみんな機材を変更してしまいました。

このSASもいつまでAirbus A340で来てくれるのか。。。

片方の翼に2発の赤いエンジン、安心するというか、”国際線”という感じがします。

この航空会社、以前は真っ白な機体に青・黄・赤の斜めの線が入ったシンプルなデザインでした。

このデザインになってからしばらくたちますが、やはりシンプルですが、インパクトの強いデザインです。赤いエンジンが良いですね。

あまりにも目立たない機体前方の航空会社名、グレーの胴体に白?銀色?で描かれた航空会社名は未だに???ですが。。。

コペンハーゲン国際空港までの11時間ちょっとのフライト。

なかなか飛び立とうとしません。

やはりAirbus A340。。。

ようやくローテーション。

撮影が厳しくなってきました。ちょうど、出発機も横から出てきてこの後は邪魔されちゃいました。。

AeroLogicの飛行機のエンジンから噴き出される熱い空気のメラメラから逃れてもまだ機首を上げた状態で、エアボーンしていませんでした。

撮影はここまででした。

私も1度だけ、ヴァージンアトランティック航空のAirbus A340に乗ったことがありますが、それが最初で最後(おそらく)でした。

エンジンが非力で、速度が遅いと当時は言われていたのを思い出します。

成田を出発したAirbus A340がロシア上空で後から成田を出発したBoeing747に追い越されるとか。

確かにこの大きなA340にCFMのちょっと細めのエンジンでは4つあったとしてもバランス的に大丈夫かな?という感じがしないでもありません。

せっかくの4発機なんですが、エンジンと機体がうまく組み合わされなかったことが、受注数が伸びなかった原因なのでしょうか。

現在、北米や日本でA340を使っている航空会社はありません。

 

さて、台風が近づいてきています。

それにしても今回の台風の進路、初めて見ました!

通常は日本の南海上で発生した台風は北上するときにはやや西側に進路を取り、沖縄や九州地方に向かった北上し、北上するとともに進路を東側に変更して日本海側に抜けたり、日本列島を西から縦断したり、日本の太平洋沿岸を東に進んだりするもんなんですが、今回は南から関東地方めがけて北上し、その後進路を”西”に向けて進もうとしていますよね。

日本列島に近づいた後の予想進路もいつもとは”逆”で関東地方南の太平洋側から紀伊半島、中国地方へと西進する進路が予想されています。

今年は気象に関しておかしなことが続いてますが、再び変な気象現象が起きようとしています。

連日続いた猛暑・酷暑の後は、西に進む台風。

全ては「熱い高気圧」の変な動き・配置のせいですね。

夏の背が高い”熱い”高気圧が日本列島を覆ったり、変な場所に居座って台風のコースに影響を与えたりしてます。

皆様、気を付けてくださいね!

 

それでは皆様、今日も良い1日を!! 台風が接近している地域の皆様、お気を付けてお過ごしください。危険を感じたらすぐに避難を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × three =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください