Boeing747-400FのTake Off

成田空港シリーズ、今日は月曜日なのでちょっと温めておいたBoeing747-400Fの写真を掲載します!

6月1日の撮影順で言うと27番目。

やってきたのはPolarのBoeing747-400Fです。

このウィングレットがカッコいいです。

最近の洗練された鳥の翼の先端のような形状ではなく、角ばった形のウィングレットです。

タキシング中に着陸してきたアシアナ航空のAirbus A380とすれ違いました。

こうやって見るとBoeing747-400が小さく見えます。やっぱりA380ってでかいんですね。

離陸滑走。

貨物機の離陸って、極端に短距離離陸だったりする場合もあるので楽しみに追いかけてましたが、このBoeing747-400Fは普通に長く走りそうです。

ポーラーエアカーゴの752便、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港行きです。

アンカレッジまでは7時間38分のフライトです。

「NARITA」の前でローテーション。

エアボーンの瞬間、主翼が大きくしなってます!

かっこいい!!!

この角度で見るBoeing747-400の上昇する姿、本当にかっこいいです。

行き先のアンカレッジ、昔、まだロシア上空が通過できなかった頃、飛行機の性能が今ほど良くなかった頃は多くの国際線が中継地に使ってました。

アンカレッジを経由して北極経由でヨーロッパ方面へ行ったり、アメリカの東海岸へ行ったり。

今ではすっかり「アンカレッジ」という地名というか、空港名を聞かなくなりましたね。

上昇するBoeing747-400、目が離せません。

滑走路上を飛行機の影がものすごいスピードで走ってます。

旅客機のBoeing747-400はかなり少なくなりましたが、貨物機のBoeing747-400Fはまだ多少は見ることができます。見られるうちにしっかりと見て、撮っておかないと。

ということで、今日の月曜日も1週間を元気に過ごすためにBoeing747、ジャンボの写真を掲載することができました。

成田空港のおかげです。

 

さて、昨日は高校野球の東東京大会の決勝戦に行ってきました。

朝は晴れていたのですが、試合開始前30分くらい前にいきなりの土砂降り。試合開始が10分程遅れましたが、無事に試合開始。

先制点を取ったのは母校の都立小山台高校(「おやまだい」ではなく「こやまだい」と読む)。

これはいける!と思って応援にも力が入りました。

その後、同点にされましたが、すぐに点を追加し、勝ち越しました。

が、5回裏、とうとう逆転されてしまいました。

その後も追加点を奪うことができず、逆に追加点を奪われ、9回裏を待つことなく二松学舎大付属に負けてしまいました。

二松学舎大学付属は昨年の夏の甲子園出場校で、2年連続の東東京代表となりました。

そんな強豪相手に本当によく闘いました!!

5回までは本当に「行けるんじゃないか!?」と思えましたから。

普段は野球には興味がなく、プロ野球は見ないし、高校野球もみません。

が、

昨日は本当に楽しんだし、夢を見させてもらった感じです。

1イニングがあっという間に終わっちゃうし、あっという間に9回になってしまいました。

一生懸命に最後まで自分たちの闘いをする高校球児達の姿に勇気をもらいました。

小山台は甲子園には行けなかったものの、東東京の準優勝という名誉を得ました。

来年こそ、優勝して甲子園へ!と夢をつなぎました。

本当に素晴らしい試合でした。

 

昨日の余韻と、今日のジャンボで今週も頑張れそうです。

それでは皆様、今日も良い1日を!今週も良い1週間を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × two =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください