ANAのウィングレット付きBoeing767

成田空港シリーズ32機目はANAのウィングレットが付いたBoeing767です。

羽田空港でもたまーに見ることができますが、成田では常連さん?!

ANAのBoeing767と言えば、短距離離陸が有名(?!)ですが、成田ではどうか?!

結構遠くへ行く国際線なんですが、滑走路の半分くらいでエアボーンしました。

まだやや斜め前なんですが、この高さ。やっぱりBoeing767のテイクオフは楽しいですね!

垂直尾翼のANA、ウィングレットのANA、3つのANAが目立ちます!アンコリもピカっ!!

JA624AのBoeing767、ANA813便はミャンマーのヤンゴン国際空港行きです。

飛行時間は6時間56分。

ミャンマーまでは黄海を渡る所以外はほぼ陸地の上を飛んでいきます。

日本列島を岐阜・岡山・長崎と列島横断するように飛び、黄海を渡ったら、中国→ベトナム→ラオス→タイの上空を通ってミャンマーのヤンゴン国際空港に到着です。

7時間弱、窓の外を見ていたら・・・・首が痛くなるでしょうね。

緑の森を飛び越え、翼をしならせて上昇するBoeing767。

ウィングレットがついていると、Boeing767もかっこよく見えますね。

斜め後ろから見送ります。

行ってらっしゃい!

このBoeing767のウィングレット、特に長距離を飛ぶBoeing767-300/ERにウィングレットが装着されると約5%ほどの燃料節約になるそうです。

ところで、改めてこのANAのBoeing767のウィングレットについて調べようと思って「ANA Boeing767 ウィングレット」というキーワードでGoogle検索したら、もちろん1番目に表示されたのはANAのプレスリリースのページでしたが・・・・2番目と3番目がこの「Airmanの飛行機写真館」の過去の記事でした(^-^;

このウィングレット、結構大きいのでその大きさや、最初に取り付けられた機材の情報が欲しかったのですが。。。

 

さて、昨日は本当に久しぶりの有給休暇を取得しました。

どうやって過ごそうか・・とFBなどで投稿したところ、「ヘッドスパいかがですか?」というコメントをいただいたので、ヘッドスパか!・・・スパ・・温泉・・・。

ヘッドだけじゃなくボディも含めたスパ(温泉)に行こう!ということで綱島温泉「湯けむりの庄」に

行ってきました。

自宅から自転車で20分程?!、気温35度近くになる中を汗だくになりながら行きました。

 

泉質は「ナトリウム - 炭酸水素塩冷鉱泉」で、適応症は「疲労回復、健康増進、神経痛、筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、五十肩、運動麻痺、冷え症、病後回復期」とのこと。

綱島温泉は昔から有名で、昔はなん十件もの温泉宿があったのですが、最後まであった「綱島ラジウム温泉 東京園」も数年前に廃業したのですが、最近ちょっと遠くになりましたが「湯けむりの庄」がオープンしたんです。

お湯の色は黒褐色で濃いコーヒーの色というか、黒に近い茶色です。数cm沈むともう見えなくなります。

フィンランド式サウナやスチーム塩サウナやジャグジーなどもあり、さらに名物の「炭酸琥珀湯®」にも何度もつかって、しっかりと老廃物やストレスを洗い流してきました!

真夏の猛暑日の温泉、空いているかと思ったら、結構人がいましたね。

 

今日も横浜や東京は最高気温35度の予報です。

たまりませんね。。。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

18 + 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください