新ルフトハンザのAirbus A350-900

昨日のルフトハンザの新デザインのBoeing747-8に続き、本日は新デザインのAirbus A350です。

出発時刻(定刻)はBoeing747-8よりも早い、12時35分なんですが、この日(8月12日)は遅延して、14時5分でした。それでも昨日のジャンボより少し早い時刻です。

昨日のジャンボはRWY34Rから離陸しましたが、このAirbus A350は北風運用していたにもかかわらずRWY16Lからの離陸をリクエストしたようです。

RWY34Rからの離陸機や着陸機が途絶えるのを待って、ようやく離陸です。

ミュンヘン行きのLH715便、11時間46分のフライト、風は弱く、暑い。

なかなかローテーションの声はかからないようです。

ちなみに、このAirbus A350にも昨日のジャンボ同様、ドイツの都市の名前が記されています。

「Karlsruhe」~カールスルーエ~

ドイツの南部、バーデン=ヴェルテンブルグ州にある都市です。ドイツの連邦憲法裁判所とかの司法機関があるので、ドイツの司法首都と言われているそうです。

知らなかった街です。また一つ賢くなりました。

東京湾に浮かぶ船とAirbus A350。

新デザインのA350は2回目ですが、ジャンボと同様、やっぱり違和感があります。まだ”特別塗装機?”みたいな。。。

ようやくローテーション!

もうメラメラ・・・・。

離陸の瞬間やエアボーン直後の様子は第2ターミナルの建物や照明塔や手前にいたANAの飛行機の熱い排気に阻まれてしまい、撮影はしたのですが、使い物になりませんでした(^-^;

なので、いきなり上昇シーンです。

最近、成田も含め、Airbus A350が急に増えてきましたね。

かつてのBoeing787と同じように、これから急増し、「普通」になってくるんでしょうね。

今、楽しみなのはJALのAirbus A350のデビューです。

 

さて、ダブル台風が近づいてきてます。

関東地方には大きな影響はなさそうなのですが、ダブル台風が近づく今週後半というか、明日以降は大阪出張なんです。

特に23日・24日は1泊2日でお客様と合宿で検討会(ワークショップ)を行います。

台風と合わせて大荒れにならなければ良いのですが・・・。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 15 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください