FedExのBoeing777FとBoeing767F

6月1日の成田空港、47機目。

FedExのBoeing777Fです。

超短距離離陸を期待してみていましたが、なかなかノーズギアは持ち上がりません。。。

ローテーション!のその時、手前のタクシーウェイにANAのBoeing737がいて、なかなか面白い写真になりました。

そしてちょうど目の前でエアボーン。

FX169便、香港国際空港行きです。すぐ近くの香港なのに、結構走りましたね。

香港からはメンフィスに飛んでいきました。

Boeing777の主翼のしなり・・・そんなにしなっていませんが、レイクドウィングチップがカッコいい。

上昇する飛行機・・・いいですね!

元気になります。

エンジンの出力を上げ、地球の重力に逆らい、空気をつかんで空の高みを目指していく姿。

憧れます。

FedExのBoeing777F・・もう見慣れました。

このBoeing777の貨物機バージョンを楽しみにしていた頃が懐かしいですね。

あの頃は貨物機と言えば、Boeing747かMD-11でした。

旅客機として大活躍中だったBoeing777の貨物機を見たいですね・・なんて言っていて、最初にFedExのBoeing777Fを見たときは感動したものです。

続いてはBoeing767Fです。

これは超短距離離陸なのでは・・・と期待していたのですが、ノーズギアを持ち上げたのはこの位置。

ちょっとは早めだけど、ANAのBoeing767程ではないな。

FX5311便で、シンガポールのチャンギ国際空港行きです。

ちょっと遠くまでだったんですね。7時間26分のフライトへの離陸です。

シンガポールまでBoeing767で・・・ね。

Boeing767で貨物だけを運ぶ・・・ペイできるのだろうか・・・と時々首をかしげたくなります。

燃料代や人件費を貨物1つ1つに配賦したとして、結構な金額になりますよね。

”送料”・・かなり高くなるんでしょうね。

時間を買うということなんでしょうか。 

Boeing767の貨物機バージョンはFedExのみならず、ANA CARGOやUPSなんかも使っていますよね。

このサイズの飛行機を貨物機で使う費用対効果があるんだ・・・とちょっと驚きです。

さすがにA320とかA321の貨物機はないですよね。

でも、アメリカとか中国なら広大な土地があるから、都市間の貨物輸送であり得るか?!

昔、単発機で郵便を運んでいたこともあったんですよね。

 

さて、8月の後半、本当に大変な2週間でした。

ここ数年、経験したことのないような難易度が高く、緊張状態が続く仕事でした。

そこへきてこの暑さ。

先週の金曜日の夜、大阪からの移動から体調が思わしくなく、週末は家でぐったりしてました。

まだ、胃腸の調子も良くないし、頭痛はしますが、その原因も明日で一旦終わります。

朝、いつも通りに早く起きるのですが、ブログを更新する気力も元気もなく、ひたすらその日のタスクをどのように乗り越えるのかを考えるような毎日が続いていましたが、昨日、一連のイベントというかフェーズが終わり、明日、1つのプロジェクトがクロージングを迎えます。

今週末は晴れ晴れとした、心身ともにリフレッシュできるのか。。。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください