Speed Bird 6、Boeing787-9

成田空港シリーズ、48機目はブリティッシュエアウェイズのBoeing787-9です。

お昼過ぎ・・・と言ってももう13時過ぎになりますが、そろそろお昼の出発ラッシュも終わりに近づき、お昼ご飯を食べに展望デッキを離れるか、場所を移動するかという判断のポイントになる飛行機です。

昔はBoeing747-400だったBA6便、その後Boeing777になり、今はBoeing787-9で運行されています。

イギリス、ロンドン郊外のヒースロー空港までは12時間と少しのフライト、なかなか離陸しません。

翼はこんなにしなっているんですが、まだまだ・・・・。

こんなに斜め後ろ姿になってからようやくエアボーン。

もうメラメラだし、遠いし、斜め後ろだし、もうちょっと早く離陸して欲しいですよね。

まぁ、欧州便にそれを望むのは難しいですけどね。

そろりそろりと高度を上げていきます。

これから新潟の方向へ向かい、日本海を抜けてロシア上空を横断し、ノルウェーを縦断するように南下してロンドンまで飛ぶんです。約9,800kmの行程です。

この日のBA6便、成田空港を13時13分に離陸し、ロンドンのヒースロー空港には同じ日の16時49分に着陸しました。12時間飛んでも、時計の針は3時間半しか進まないという太陽を追いかけるフライト。

A滑走路の北側の脇にある警備小屋。

写真にここが映ることはめったにないのですが、この長いこと走ったBA6では背景にしっかりと入りました。

あの小屋で空調の整った部屋でA滑走路を離陸する飛行機の写真を撮ることができたら・・と思います。

成田空港シリーズとして続けてますが、成田空港でこれらの写真を撮影したのは6月1日のこと。

もう3ヶ月以上も前のことなんですよね。

全部で78機の飛行機を撮影しているので、あと30機残ってます。アリタリアのスカチとか、オーロラのDHC8とか、パキスタンとかチャイナエアラインのA350とか、デルタのA350、そしてFedExのMD-11、ヤクーツクのスホーイ、ANAのBB-8やキャセイのA350、TGのA380も残った中にいます。

シリーズ完了まであと1か月かかりますね。。。まだしばらくお付き合いください。

写真の雰囲気というか、構図は変わってきます。

このBAのあと、EVAのキティまではRWY34Lだったのですが、そのあとランチェンして今度はRWY16Rの離陸になり、右から左に飛行機が飛ぶようになります。

 

昨日は土曜日だし、ちょっと遅くまで・・・と言っても12時くらいまでですが・・・起きていたのですが、今朝の起床時間はやっぱり5時ちょっとすぎ。

就寝時間に関係なく5時前後に目が覚めてしまいます。

やっぱりストレスでしょうか。

家にいるとストレスがたまるんです。

ストレスを発散するためにも飛行機を見に行ったり、グライダーに乗りに行ったりすればよいのでしょうけど、7月から8月は仕事の忙しさもあり、出張も重なり、週末は「休みたい」という感じになり、家に引きこもることが多くなり、そこでまたストレスがたまることに。。。

悪循環でしたね。

何とかしないと。

 

今日も天気が悪く、1日中引きこもりになりそうです。

それでは皆様、良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + nineteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください