白ジャンボ

久しぶりに飛んでいる白いジャンボを見ました!

その白いジャンボは成田空港のRWY16Lにアプローチしてきました。

Aか?Bか?でドキドキして待っていましたが、Bにやってきてくれました!!(滑走路の話)

機首部分には「Operated By ATLAS AIR INC.」と描かれています。

N404KZ、ウィルミントン・トラスト・カンパニー社保有のBoeing747-400Fです。運用はアトラス航空が行っているということですね。

実は、このN404KZ・・・ん?”KZ”?って思いますよね。

そうなんです、このN404KZはもともとNCAで飛んでいたJA04KZ、ノーズ部分が緑色だったグリーンフレイターだったんです!!

NCAからは2017年8月に退役し、同じ月にウィルミントン・トラスト・カンパニーに移籍。その後、アトラス航空が運用するようになりました。

日本に帰ってきたんですね!!

スレッショルドを通過。

白いジャンボ・・・・なぜ白いんでしょうね。やっぱり軽量化のため?

白地の塗装の上にいろんな色を塗り重ねると、それだけで数トンの重量増になるといいますからね。

本来は真横のはずなんですが、左側のエンジンが前に出て見えます。編流修正してクラブでアプローチしているから?!

”KZ”の文字を残してくれているんですね。なんだかうれしいですね。

好きだった人に再開した感じです。

おい!!そこのKEのA330、邪魔!!なんでそこにいるかな・・・・。

もうがっかり。

撮影が再開できたのはもうかなり遠くに行ってしまってから。。。

で、そこを邪魔したのがまたしても韓国の飛行機。。。信じられない。

ということで、元NCAのグリーンフレイターだったBoeing747-400Fに再開できた成田夏合宿でした。

いや~、こういうことってあるんですね。

世界は広いようで狭い?!

実はもとNCAのJA07KZもN407KZとして第2の人生・・ん?!機生?!を送っているんですよね。

嬉しいですね。

日本の航空会社の飛行機は丁寧に整備されているから海外でも人気だとか。

 

今週はこの白ジャンボからスタートです。

今日は早朝の会議があるのでこの辺で。

皆様、良い1週間を!! 良い1日を!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − 8 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください