チャイナエアラインのBoeing747-400F

7月21日の成田夏合宿、日没時刻を2分程過ぎたころ、Boeing747-400がアプローチしてきました!!

カメラのセッティングを確認、ISOは800、シャッタースピードは1/125秒、とにかく失敗は許されないジャンボ! 緊張しながらアプローチする姿をファインダーから捉え続けます。

フラップを降ろして空気をしっかりとつかんで堂々とアプローチするジャンボの姿です。

チャイナエアラインのカーゴ(貨物機)です。CI5706便、台湾の台北から3時間40分強のフライトを経てやってきました。

惚れ惚れします。かっこいい。。。

これが「飛行機」です!!

ここから勝負!シャッタースピードは遅い。

体幹をしっかりと固定し、脇を締めて人間三脚と化し、とにかく飛行機をしっかりと捉えます。

スレッショルドを超えたところ。

滑走路を横断するトンネルを超えました。

B展のほぼ真横を通過。

なかなか接地しません。2,500mの滑走路、着陸時に後ろにある滑走路は役に立ちません。

どこまで行くんでしょう。。。

ILSのグライドスロープアンテナの横を通過しようとしてます。

B展からの撮影はここまで。

手前に照明塔や電線が見えてますが、これが障害物となり、これ以降は撮影できません。。。

ランディングの瞬間、撮りたかったのですが、無理でした。

Boeing747-400、カッコいいです!!

7月21日の成田夏合宿シリーズは完了していましたが、4発機は月曜日ジャンボに為にキープしておきました。

なので、今日はその第1弾ということで、チャイナエアラインのBoeing747-400Fを掲載しました。

この4発機を見て、気合を入れて今週1週間も頑張ります。

 

さて、先週は会社のイベントというか合宿で静岡県の「つま恋」に行ってきました。

「つま恋」と言えば、私たちにとっては聖地のような場所。

”ポプコン”、思い出しますよねぇ。

ヤマハのポピュラーソングコンテスト。

中島みゆきさんの「時代」や、谷山浩子さんの「カントリーガール」、クリスタルキングの「大都会」、円広志さんの「夢想花」下成左登子さんの「悲しみのアクトレス」、そしてあみんの「待つわ」などなど素晴らしい楽曲が生まれました。

そのポプコンの開催地が「つま恋」でした。

当時、「ポプコンに出よう!」みたいなことを友達と話をして、買ってもらったフォークギター片手にバンドの真似事をしたり、下手な曲を作ってみたりしてたっけ・・・。

その、ポプコンと連動して放送されていた深夜のラジオ放送「コッキーポップ」も毎晩欠かさず聞いていました。12時半から1時までの30分でしたよね。大石吾郎さんのオープニングの言葉が頭にこびりついていました。「黙っていれば友達になれない、叫ばなければ消え去ってしまう。私たちが生まれてきた時から育ててきた何かを伝えあうために、ちぎれかけた世界の心と心を繋ぎ合うために、私たちの歌が今、ここにある」

そして1時からはオールナイトニッポン・・・と。今では考えられないような夜更かしをしてました。もちろん勉強しながらでしたが。

あの頃が人生で最も勉強していたかもしれません。

中学2年から高校生の時代、4年間。

で、先週行った「つま恋」リゾートのロビーやその廊下にはポプコンの思い出の数々が展示してあったんです。懐かしい写真も。

一緒に行った同僚でも知っている人はごくわずか・・・というのが寂しかったのですが、本当に懐かしい思い出に浸ることができました。

 

今週は水曜日から金曜日までは大阪出張。

頑張ろう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − eleven =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください