中国南方航空、737じゃなくてA330だよ

南風運用の羽田空港の午前中、タイのジャンボやキャセイのBoeing777の他にも中国南方航空のBoeing737-700とか、エバー航空のAirbus A330もRWY16Rから出発します。

で、その中国南方航空なんですが、この日はちっちゃくてコロッとしたBoeing737-700ではなくAirbus A330でした。

成田ではたまに見かけましたが、午前中の羽田空港で見るのは珍しい?! というか私は初めてかも。

ということで、離陸滑走を開始したところから。

機首をゆっくりと持ち上げ始めました。

比較的早めのローテーションですね。

CZ3086便、広州行きです。約5時間のフライトです。

背景もにぎやかです。スターアライアンスやBB-8がいますね。

ちょうど目の前でエアボーンか! A330の離陸、機首をグイっと持ち上げたエアボーンはカッコいいです!

上の写真の数ミリ秒後?! エアボーンの瞬間というか直後。

飛行機と飛行機の影が離れた瞬間。

A330のイニシャルクライム。もう少し主翼がしなったらカッコ良いのですけどね。ちょっと固そう。

ちょっと左に傾いてる?! 風が強かったからか?!

斜め後ろから。

やっぱりAirbus A350よりもA330の方が美しいです。

ギアの格納中。A330のギアの格納は遅いんですが、格納完了シーンは見ることができるか。。。。

粘りました。

ギアの格納を完了し、美しい姿になった上昇する中国南方航空のAirbus A330です。

中国南方航空の午後の便、15時40分発のCZ0386便の広州行きはAirbus A330なんですが、午前中もA330だったこの日は珍しかったのでしょうか。今日はBoeing737-800のようです。

今まであまり知らなかったのですが、中国の大きな空港って北京首都国際空港と上海浦東国際空港は有名ですが、今日の飛行機の行先、広州白雲国際空港も中国の三大空港と言われるくらい大きくて有名なんですね。

広東省の広州のど真ん中にある大きな空港で3,500mを超える長さの滑走路が3本あります。

 

さて、今日は大阪のホテルから投稿してます。

今日は終日、客先で打合せです。長い1日になりそうです。

だらだらとただ長いだけの打合せにならぬよう、打合せで決めることを準備し、参加者全員がそのゴールに向かって打ち合わせに臨むようにします。

そういった打合せのファシリテーションはえらく集中力がいりますし、疲れるんですよね。

きっと今日の夕方はヘロヘロになっていることでしょう。

頑張ります。

大阪城が見える部屋だといいな。。

 

それでは皆様、今日も良い1日をお過ごしください!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 + fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください