キャセイの短距離離陸!

新塗装のキャセイパシフィック航空のAirbus A330。

KLMのBoeing777の向こう側を離陸滑走中のシーンから。

おっ! そこでノーズギアを上げる?! びっくりです。

「NARITA」の植え込みの前でもうエアボーンしそう! まだやや斜め”前”です。

キャセイパシフィック航空のCX523便、台湾の桃園国際空港行きです。3時間21分のフライトで、欧州便に比べればかなり短かいフライトとはいえ、ここで離陸とは!

「NARITA」の”N”の前でエアボーンしました。 すばらしい!!

南風運用の成田空港、RWY16Rからの離陸機のエアボーンをこの角度で見られるとは!

この日のベストテイクオフかも!!

ほぼ正面でこの高さ。やや左に傾きながらの上昇です。

これでギアの格納も素早かったら言うことなしなんですが、そこはAirbus機。

あまり期待せずに。。。

消防車とAirbus A330。

うーん、「ギアアップ!」って言うのを忘れているんじゃないか?! と思ってしまいます。

まだギアを格納する気配がありません。

ということで、最後は”ようやくギアの格納中”の写真となりました。

まぁ、短距離離陸を見せてくれたのでそれだけでも「ありがとう」ですね。

キャセイパシフィックのAirbus A330の思いがけない短かい離陸滑走距離での離陸でした。

他の飛行機もこれくらいの離陸滑走距離で離陸してくれれば、撮る側としてはとてもうれしいのですが、おそらく1,000mくらいの離陸滑走でのローテーション。夏のそれほど強くない南風の日にはなかなか見せてくれませんよね。

お客さんが極端に少なくて、軽かったのか?!

 

さて、昨日はとても良いことがありました。

我が家の次男坊にようやく採用”内定”の通知が来たんです。

もともと採用活動が一般企業よりも遅い業界というか職業ということもあり、親としては他の大学4年生が内定を決めていく中で「大丈夫かよ。。。」とヤキモキしていたのですが、ようやく安心です。

それも「狭き門なんでしょ? ダメ元で結果を待とう」と言っていたところからの内定通知、本当にびっくりでした。

良かった、良かった。

最後の学費納入も終わっているし、あとは卒業を待つだけです。

長かった子育てもこれでひと段落です。

肩の荷が下りた感じ。

まだ実感が湧きませんが、じわじわと来るんでしょうね。

 

あと、昨日は1年に1度の航空身体検査にも無事にパスしました。

この年齢になると、毎年ちょっと不安なんですが、まだ飛ぶことができる体だと証明することができた気がして、これもうれしい出来事でした。

 

それでは皆様、今日も良い1日になりますように!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 + eighteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください