AAとTGとUA

本日も成田空港シリーズですが、3機いっぺんに掲載。

18番目、19番目、20番目の飛行機たちです。

AAとTGとUA・・・航空業界の人なら分かりますが、AA:アメリカン航空、TG:タイ国際航空、UA:ユナイテッド航空のそれぞれ2レターコードです。

まずはAA176便、ダラス・フォートワース空港行き、11時間20分のフライトに向けてRWY16Rへ向かいます。

2期目はTGのAirbus A330。残念ながら飛行記録が見当たりません。何便で、どこ行きだ?

TGの向こう側、黄色いバニラがエアボーンして、ちょうどTGの機体の上に飛び上がってきたのがとてもうれしかった!!

3機目はUA827便、グアム行き。3時間38分のフライトです。

3時間半? グアムってそんなに近かったっけ? 以前はグアム・サイパンと言えば、デルタのBoeing757でしたが、見かけなくなりましたね。。。

そういえば、Boeing757・・・しばらく見かけてません。

その代わりに見かけるようになったのが、このシミタール・ウィングレットのBoeing737です。

後退角が付いた上下のウィングレットが合わさって三日月のように見えるので「シミタール」。

Boeing737でもこの構図。メインギア・エンジン・シミタール・ノーズギア・コックピットの窓の5点盛り!

1機目のアメリカン航空のBoeing777が離陸滑走開始。

もうこのドロンパ塗装も見慣れました。

ダラスは北米アメリカの中南部にある大都市。空港も馬鹿でかいです。

そこまで直行するんですね。なかなか上がらないわけだ。

これだけノーズギアが引き上げられているのに、まだメインギアは滑走路から離れようとしない。。。

ということで、2機目。

これも飛ぶところは見られないか。。。

何時も見慣れているAirbus A330よりも長いですよね。

でもこれ、Airbus A330-300です。長く見える。。。デザインのせい?

ということで、TGのA330も地上滑走シーンまで。

3機目のUAのグアム行きのBoeing737は飛んでくれるでしょう!

たった3時間半のフライトだし、小さいんだから。

ということで、黄色いバニラの向こう側でローテーション!!

結構粘るな。。。

もう滑走路の半分は超えてます。まさか・・・・。

飛びました。

遠いと、「シミタール」が分かりにくいですね。

でもシミタール・ウィングレットのBoeing737-800です。

ギアを格納して上昇する姿までしっかりと撮影できました。

「シミタール」って、横から見た三日月?後ろから見た三日月? 両方?

3機中、飛んでいる姿を撮ることができたのは1機だけでした。

だから、南風運用の成田空港ってあんまり好きじゃないんですよね。

暑いし。

これからは北風運用の季節、そして空もすっきりとする季節。でも、撮影する時間が短くなるんですよね。

今日の時点で東京の日の出は6時16分、日没は16時35分、日没がかなり早くなりました。この写真を撮影したころより2時間くらい早く暗くなっちゃうんです。

太陽の光がないところでの撮影が苦手な私にとっては撮影時間が短くなり、撮ることができる飛行機の種類も減る時期になります。

北風・きれいな空気という2つの条件と引き換えに。。。

 

さて、昨日は東京の品川で飲み会の後に、大阪に移動し、大阪のホテルで一晩過ごしました。

大阪城の近くの良いホテルに安く泊まることができたんですが、20階の部屋の窓から見える日の出前の大阪の街と空はとてもきれいでした。東京の今日の日の出は6時16分ですが、大阪は6時31分です。

15分も違うんですね。

現在6時34分で日の出時刻を過ぎてますが、まだ太陽の光は地上に届いてません。山から登ってくるのでもう少しあと?

まだまだ日の出時刻も遅くなっていきます。

秋も終わりに近づき、初冬の雰囲気を感じるようになりましたね。

 

ということで、今日も寒いですが、皆様、良い1日をお過ごしください!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください