スリランカへ、インドへ

今日は同じ方向(方面)に向かう飛行機を2機いっぺんに掲載します。

まずはスリランカ航空のAirbus A330です。

UL455便、スリランカのバンダラナイケ国際空港行きです。

飛行時間は9時間。

これがまた、なかなか浮かないんだな・・・・

ピーチのA320とスリランカのA330。

とりあえず、ローテーション。

もうこの辺であきらめムード。。。

「ちゃんと飛んでいきました」証拠写真として。

スリランカはインド半島の先っぽ、右側(東側)にある島です。昔の”セイロン”ですね。

ちなみに、スリランカの首都は?

コロンボじゃないんです。「スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ」という都市だそうです。。。

続いてはそのスリランカのお隣(?)のインドへ向かう飛行機です。

ずばりエア・インディアです。

AI307便のインディラ・ガンディー国際空港行きです。

飛行時間は8時間51分。

第1ターミナルの展望デッキの前を通過するときに、大きめにとってみました。

エア・インディアの特徴の一つは窓の一つ一つが赤いモスクの屋根の形に縁どられているところですね。

あと、この後の写真で分かりますが、機体の右側は「AIR INDIA」と英語で書かれていますが、反対側は違います。

エンジンもこんな暑そうなデザインです。

途中で切れているわけではなく、こういうデザインです。

エア・インディアのBoeing787と中国南方航空のAirbus A321。

赤と青。

さて、離陸滑走。

さっきのコロンボ行きがあの上がりだったから、それよりもっと遠くへ行くこれは・・・・

おっ?! 滑走路を半分走ったところでローテーション!

しかも羽ばたいている感じ!

いいじゃない、エア・インディア!

もうすぐに浮き上がりそうです。

翼は大きくしなっています。

飛べ!・・・と思いながらシャッターを押しました。

夏の暑い時期、さらに暑い・熱いインドに行く人が少なかったのかな・・・

で、すぐにエアボーン。

飛んでいるところを撮ることができました。

お昼の常連のこのエア・インディアのBoeing787。良い離陸を見せてくれました。

早く離陸してくれたのはうれしいのですが、ギアの格納はそんなに早くなく、ギアを格納して上昇する飛行機の姿を見ることはできませんでした。 

インディラ・ガンディー国際空港・・・インドの首都”デリー”にある空港で、その名はインドの元首相の名前”インディラ・ガンディー”に由来しています。

ちなみに、スリランカ航空のAribus A330が向かったコロンボの近くのバンダラナイケ国際空港も元首相のソロモン・バンダラナイケに由来しています。

スリランカやインドの首相って空港に名前がつくくらいの地位というか活躍をしているのでしょうか。

日本では「小泉純一国際空港」とか「安倍晋三国際空港」なんて想像できませんよね。

 

さて、今日はもう11月22日。「いいふーふ(良い夫婦)の日」ですね。

さっきテレビでやってましたが、今の夫婦に「生まれ変わったら今の奥さん・旦那さんとまた結婚したい?」という質問に「はい」という回答をしたのは50%以下だとか。

夫婦の半分以上が「今の奥さん・旦那さん以外の人」を選ぶの?

ふーん。

私はノーコメント。

そして明日は勤労感謝の日で祝日ですね。

今週は本当に大変だった。

昨日、一つの大きな山場を無事に超え、今日も大きなもう1つの山場です。

今週前半の仕事の成果が試される?!

先に進めるといいですね。

それでは皆様、今日も良い1日を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

16 − 15 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください