R2-D2デザインのBoeing787-9

昨日もちょこっと登場しましたが、今日はスターウォーズのR2-D2を模したBoeing787-9です。

この飛行機にはよく会うんですよね。C3-POには全く会わないのに・・・・。

まずは機首のR2-D2部分。頭を右に傾けて見てみてください。R2-D2です。

R2-D2とJALのノーマルなBoeing787-9。

普通にBoeing787-9のツーショットが見られるようになったんですねぇ。

斜め後ろから見たところ。

R2-D2部分が圧縮されてそれらしく見えますよね!

機体後部の「STAR WARS」ロゴ。

ANAの標語「Inspiration of JAPAN」やBoeing787の通称「DREAM LINER」やレジ番やら航空会社名である「Air Japan」などいろいろ書かれてます。

このR2-D2はANA829便で、インドのムンバイのチャットラパティー・シヴァージー国際空港行きです。9時間41分のフライトに向けて離陸滑走中。

昨日のシンガポール航空のBoeing787-10よりもさらに遠くに行くので、飛んでいるところを撮ることができないだろう・・・と半ばあきらめながら追いかけました。

真横からだと「STAR WARS」ロゴが翼に隠れちゃう・・・。

この角度がこの飛行機を見るのに一番良いかも。全部乗せじゃなくて全部見え。

おっ! 浮く! 浮いた? さすがANA!

かろうじて飛んでいるところを見せてくれました。

R2-D2、ナイス!

ちょっと無理があるかもしれませんが、上昇するシーンまで撮ることができました。

フェンス越しなので、やや黒いかも。。

成田もワイヤーフェンスにすれば良いのに。

ということで、今日はANA(Air Japan)のR2-D2デザインのBoeing787-9でした。

この飛行機、ムンバイまではほとんど陸地の上を飛ぶんですね。長崎から上海まで東シナ海を渡るときだけ海上を飛びますが、その他はずーっと陸地です。

中国、ミャンマー、バングラデシュ、インド・・・といろんな国のいろんな景色を見ることができるフライトなんですね。

 

昨日、帰宅したらクリスマスツリーが飾られていました。

もう、今週末は12月なんですね。

早いですね。。。ついこの間まで夏で、「暑い!」と言っていたのに、もう秋も終わり11月も終わります。

今日は経営の神様、松下幸之助の誕生日だそうです。1894年(明治27年)の今日、和歌山で生まれたそうです。

「すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。」

「無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。」

「誠実に謙虚に、そして熱心にやることである。」

「世間には大志を抱きながら大志に溺れて、何一つできない人がいる。言うことは立派だが、実行が伴わない。世の失敗者には、とかくこういう人が多い。」

「知識なり才能なりは必ずしも最高でなくてもいい、しかし熱意だけは最高でなくてはならない。」

「何としても二階に上がりたい、どうしても二階に上がろう。この熱意がハシゴを思いつかせ、階段を作りあげる。上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、ハシゴは生まれない。」

「自分が方向を変えれば新しい道はいくらでも開ける。」

 

「「ありがとう」と言う方は何気なくても、言われる方はうれしい、「ありがとう」これをもっと素直に言い合おう。」

 

「人を使うには、ほめて使う、叱って使う、批判して使うなどいろいろあるが、ほめて使う人が概して成功している。」

 

やっぱり経営の神様のおっしゃることは素晴らしいですね。今の時代を先取りというか、陳腐化しない真理をついています。

普遍的なことをおっしゃってます。

特に最後の2つ、今も良く言われていることです。

怒鳴ったり、批判したりばかりしている人、いますよね。。。。

 

それでは皆様、今日も良い1日を!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください