上から見る飛行機雲

air2air.jpg
羽田発福岡行きの機内から撮影したもの。(NH247)
西行きの飛行機の巡航高度は法律で以下のように定められている。
「29000ft以上41000ft以下の場合、1000ftの偶数倍の高度で飛行する。」
(旅客機なのでIFRでの飛行の場合)
逆に東行きの場合は1000ftの奇数倍である。
高度差は1000ftという事。
1000ftといえば、約333m。
ドキッとするくらい、近くに見えた。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。