羊蹄丸と飛行機

yoteimaru_B744.jpg
かつて、青森?函館を運行していた青函連絡船の”羊蹄丸”。
今は、船の科学館の横の桟橋でゆっくりと余生を送っている。
その向こう、羽田空港のR/W16Lへアプローチする飛行機が飛んでいく。
南からの風が吹いているときは、房総半島からレインボーブリッジをめがけて
飛行し、船の科学館手前で大きく180度旋回し、城南島の上空を通過し
R/W16Lへ着陸する。
左側の窓側の席(”○○A”の席)に座っていると、コンテナクレーンのアームや
倉庫の屋根が結構近くに見えて、ダイナミックな景色が楽しい。

2 comments

  • 初めまして管理人様。
    私はモアイと申します、青函連絡船と航空機が一緒の写真はもちろんのこと、生では見たことが無いので新鮮です。
    函館にある「摩周丸」もJNR(国鉄)ロゴにされ、他の同僚と同じく余生を送っておりますが。
    いつのここのサイトの航空機や空などをメインに、お写真を観させて頂いておりますが、本当に綺麗なので羨ましいほど良いなと感じております。
    それでは駄文で申し訳ございませんが、失礼します。

  • 函館五稜郭

    今日の朝日新聞一面に、五稜郭タワーから 見た函館五稜郭に咲く満開の桜の写真が 載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)