燃料補給

re-fuel.jpg
翼の中にある燃料タンクに燃料を補給中。
自動車と違って、「レギュラー満タン、現金で!」というわけにはいかない。
搭載する燃料の量は厳密な計算で決められる。
地上で消費(地上走行などで消費)する燃料。
目的地の空港まで飛行し、着陸するために必要な燃料。
目的地の空港上空でなんらかの理由で待機飛行するための燃料。
目的地の空港に着陸できない場合、代替空港へ向かい、着陸するために必要な燃料。
補正燃料。
などなど。。。
飛行機には最大離陸重量・最大着陸重量が決められていて、その重さを超えて燃料を含めた
“モノ”を積むことはできない。
飛行機を飛ばすってのは、本当に大変なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。