Good Luck! YS-11


日本初の国産旅客機であるYS-11。
本日、日本の空から引退する。
輸送機設計協会のYusouki Sekkei kyokaiの頭文字と
エンジンと機体の設計仕様がそれぞれ10番目と1番目が採用されたことから命名されたYS-11。
日本では182機が製造された。(日本航空機製造)
今ではJAC(日本エアコミューター)が福岡-徳島、福岡-鹿児島で運行するのみだった。

今後はフィリピンなどに売却されるとか。。。
  

15年前、大阪の伊丹空港(当時の大阪国際空港)の千里川の土手(R/W32Lエンド)で撮影した
東亜国内航空(→その後、日本エアシステム(JAS)となり、現在では日本航空(JAL))のYS-11と
全日空のYS-11。
スチール写真をスキャナで読み込んだため、ちょっと荒れてますが。。。

2 comments

  • こんばんは。
    YS-11のニュース、今夜のニュースで見てちょっぴり寂しく感じました。
    最後に乗ったのは、以前鹿児島へ行ったときです。
    福岡へ引き返そうかという悪天候でしたが、何とか着陸。
    機内はジェットコースター並みの揺れで、酔ってもどす人が何人もいました。
    今となっては、いい思い出です。

  • >k2dmdさん
    YS-11に乗ったことがあるんですね!
    残念ながら私はいつも”見てるだけ”でした。
    仕方がないのでYS-11の座席を購入し、気分を味わって
    いたのですが、その座席もあまりにも老朽化し、スポンジが
    腐ってボロボロ落ち始めたので、粗大ごみとなって我が家を
    去っていきました。。。
    悪天候の場合、小さな飛行機は本当に「翻弄」されて大変
    ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。