Take off

boeing-777
全日空のBoeing-777
離陸後、ギア(車輪)を格納し、大空に向かって上昇していく姿は、力強く、美しい。
目的地までの燃料を搭載し、所定の距離の滑走路での離陸は、飛行機の性能を最大限に
活用しなければならない重要な瞬間である。
日本では空港周辺の騒音問題への配慮もあり、かなりの急上昇を行うとともに、羽田を北向きに
離陸するときは、離陸直後に大きく右に旋回する必要がある。
高度の余裕もないため、飛行にトラブルがあったときに最も緊張するのも離陸である。
離陸後、250ノット付近まで加速し、フラップを格納して、パイロットはやっと「ほっ」とできるのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。