離陸待ち

離陸待ち
離陸するために滑走路16Lへ向かう飛行機。
キャビン(客室)ではSafty instructionや、シートベルト着用の確認、ギャレーの格納状況確認など
離陸に備えた準備が行われ、コックピットでは、離陸前のチェックリストや離陸に際しての
ブリーフィングが行われている。
離陸滑走中にアクシデントが発生した場合の対処要領を機長と副操縦士で確認しておく。
新幹線より早い速度で滑走路を駆け抜けている最中に、エンジンが不調をきたしたりした
場合に、二人でゆっくりと対処を検討する時間は無いですよね。
あらかじめそういった場合を想定し、瞬時に対応できるようにしているんです。
何事も、あらかじめリスクを想定し、その対処を考えておくことが大切なんですね。
そのときになってうろたえたり、誤った対処をしないように。
常に”想定”しておくことが大切。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。