空と飛ぶ広告

自社の国内線割引運賃の広告
相武紗季ちゃんと三谷幸喜さんが「セーラー服を脱がさないで」の替え歌にあわせて踊るCMが
印象的な日本航空の国内線割引運賃「先得」。
相武紗季
たまごっち。これは広告?
たまごっち
みんなで止めよう温暖化!
ちなみに、羽田から札幌にBoeint747-400で飛行する場合、200L入りドラム缶約70本分の
燃料を消費する。(約14,000L)。
距離が長ければ長いほど、燃費は悪くなる。成田からニューヨークでは約150,000Lの燃料を
消費する。
飛行機の場合、”重量”はとても重要な要素です。
長距離を飛ぶ場合、その距離を飛ぶだけの燃料を積んで離陸し、上昇しなければならず、その重さの分、燃料を使うということになるのです。
a,caナ。窶殿ナ停?骭?
バスや山手線の広告塗装はよく目にしていて、街もかなり華やか(?)になっている。
バスや山手線は、人々の目にとてもつきやすいので、それなりの広告効果があると思うが、
飛行機ってどうなんだろう?
機首部分に描かれているのであれば、搭乗待合室からもよく見えるだろうけれども、
このように機体後部に描かれているので、展望デッキにいる人からしか見えないでしょう。
飛行中は。。。地上からはもちろん見えません!
私のような、飛行機好きが写真撮影し、こうしてブログなどに掲載するのが最も人の目につく?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。