Boeing747のフラップ

ANAのBoeing747-400。
主翼前縁のフラップはまだ格納されている。
Boeing747-400主翼付け根
タキシング開始後直ぐに、フラップを離陸位置まで展開する。
Boeing747-400 スラット
Boeing747の前縁フラップは2番・3番エンジンの内側(胴体より)と外側では形態が違う。
内側のフラップはクルーガー・フラップと呼ばれ、板状だが、外側のフラップは可変キャンバー・フラップと
呼ばれ、曲線を描くように展開される。
Boeing747-400フラップ
Boeing747-400のフラップが展開された。
後縁のフラップは3つのパーツから出来ていて、完全に展開すると各パーツ間に隙間が出来る。
(3重隙間フラップ : トリプル・スロッテッド・フラップ)
隙間が無いと、フラップの上を流れる気流が剥離してしまう。
Boeng747-400
この画期的な3段フラップがこの巨大な飛行機を地上から浮かべることが出来たといえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)