羽田空港 D Runway

よく晴れた日曜日の午前中。
羽田空港のMETARではCAVOK(Cloud And Visibility OK)が報じられていた。
ということで、D滑走路展望台へ行ってみました。
羽田空港沖に建設されるD滑走路の工事現場を眺めることができます。
現在、杭打ちの準備中とのこと。来年から約80mの杭を打つ工事が始まるそうです。
D滑走路 工事現場
C滑走路(R/W 34L)へアプローチする飛行機が良く見えます。
が、光の加減が良くない。。。。
R/W 34Lへのアプローチ
川崎の工場地帯を背景にアプローチする飛行機
C滑走路へのアプローチ
これが「D滑走路展望台」。
なんと、プレハブの3階建ての小屋(?!)。
羽田空港の最南端に建っています。
D Runway 展望台
1階の受付で住所・氏名を記入し、2階で映像で羽田空港再拡張についての説明があり、
3階ではパネル展示でその詳細を知ることができます。
屋上が展望台になっています。
説明員がいて、丁寧に説明してくれます。
D滑走路は多摩川河口ということもあり、その流れを変えないように、一部が桟橋構造になるんですね。
桟橋と人工島の接合部の工夫など、さまざまな技術が紹介されていました。
羽田空港再拡張「D Runway」についてはホームページでも紹介されています。
D滑走路展望台の概要・道順はこちら。

2 comments

  • 工事現場の事務所みたいですね!
    しかし、どんどん大きくなりますねぇ、羽田空港。
    国際線の受け入れもどんどんするようになるのでしょうか?千葉県出身者としては成田空港の影が薄くなるのがちょっと寂しい…。

  • >mlkah0505さん
    昔からの羽田空港の変遷なども見せてもらったのですが、
    かなり大きくなりました。
    今は国際線は”チャーター便”のみですが、そのうち、
    本格的に羽田に移管されるんじゃなかろうかと思ってしまいます。
    それはそれでうれしいのですが、「国際線を見に、成田に出かける」というイベントもまた楽しいもの。
    うまく、分け合えればよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。