飛行機のどアップ

全日空のBoeing767-300(JA8324)
機首のどアップ
なんか、人間の顔っぽいと思いませんか?
顔をちょっと上向き加減にして、まっすぐ前を見た、緊張した顔
機首のどアップ
左主輪のどアップ
遠くから見るとすべすべした、1枚の表皮に見える胴体も、
実はこんな感じ。
主翼の付け根という非常に重要かつ複雑な部分だからでしょうか。
主輪のどアップ
C滑走路(R/W16L)へのアプローチ
空港北側の運河からの強い太陽の照り返しを受けて、
胴体下面が光る。
ファイナルアプローチ
上記3枚の写真、
たった2?3秒の間での出来事。

8 comments

  • こんな鉄の塊が空を飛ぶなんて不思議ですよね??
    実は数年前まで恐怖症で乗れなかったんですよ(笑)
    昆虫ではトンボの飛行が大好きなので、
    飛行機の飛んでる姿もかなり好きなんです。
    しかし、本当に格好良いです??!
    胴体の底部はどの飛行機でも綺麗なんですね。
    ちゃんと安全性も考慮、計算されているのだろうけど
    このボディにこの車輪は凄く不安です(爆)
    また寄らせてもらいますね。

  • 確かに人の顔っぽい!
    すごい複雑な金属板の組み合わせですねぇ…。
    こんなに重たいものが飛ぶのなんて科学の力はすごい。だけど、一歩間違ったら、本当に金属塊と化すところが恐ろしいです。

  • >oyazyさん
    ホント、不思議です。
    空気の力ってすごいんですね。
    確かに、たった2本の主脚であの着陸の衝撃を受け止めるんですから、
    ちょっと不安かも。
    ジャンボみたいに4本あれば安心ですけどね。

  • >mlkahさん
    飛行機事故は悲惨ですよね。
    ほとんどの場合、原型をとどめぬ無残な姿に変わってしまいます。
    1回のフライトには大勢の人が関わっています。
    その全員が安全なフライトに真剣に取り組んでくれることを
    信じてお客さんは飛行機に乗るんですよね。
    科学・コンピュータを過信せず、最後は人だということを
    忘れずにいてほしいものです。

  • はじめまして。
    迫力のある写真ですね。自分もこんな写真を撮ってみたいです。飛行機が好きで、仕事の合間に携帯で撮っているのですが、こんな写真は撮れないですね。しかも、地上にいるところばかりなので・・・。

  • >kikuさん
    はじめまして。訪問、ありがとうございます。
    もっともっと飛行機に近づきたいのですが、
    遠く離れたところから、望遠レンズで撮影するのが
    精一杯です。
    今後とも、よろしくお願いします。

  • この巨体に精密機械のディテールを感じる連続写真ですね。空へ!

  • >つかさん
    そうなんですよ。飛行機って精密機械なんですよね!
    とっても繊細で、細かな部分まできっちりと計算しつくされている。
    美しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。