Boeing747-400D

Boeing747-400
こちらは、テクノジャンボ(ANAがそう呼んだ?)。
-400Dとあるのは、国内線仕様(Domestic)だから。
国際線仕様の-400よりも主翼の幅が短く、ウィングレッドがついていない。
-400Dは日本オリジナル仕様。

4 comments

  • >mlkahさん
    蒼い大空を飛ぶ飛行機を見ると、日ごろ溜まっているストレスが一気に霧散します。
    主翼の下の赤丸は日の丸なんですが、確かにJALにはついて
    いませんね。。。
    上面には描かれているのですが。

  • >つかさん
    国内・国際でエンジンの違いは無いようですね。
    ANA・JALともにジェネラル・エレクトリック社の「CF6-80C2B1F」というエンジンを搭載しています。
    JALのBoeing747-300はプラットアンドホイットニーの「JT9」シリーズを搭載していました。
    ※ANAは-300のときもGE社の「CF6」シリーズでした。
    決定的な違いはやはりコックピットでしょう。
    -300までは3人で運行していましたが、-400からは2人です。
    コックピットも丸い計器から、四角いCRTになりました。

  • 今日もすっきりと青空にジャンボ、気持ちいいですね!
    右主翼の下の赤マルって日の丸なのでしょうか。
    JALにはついてないですね。

  • こーやって、ほぼ同じ構図だと微妙な違いが分かりやすいですね。エンジンの形も違うようですが、基本的に国内線仕様だったらこれ!みたいなエンジンがあるんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)