懐かしい飛行機たち その1

20年以上前の羽田空港で撮影した飛行機。
JALのBoeing747-SR。
堀ちえみさん主演の「スチュワーデス物語」が流行っていた頃だと思う。
2世代前の塗装。
JAL Boeing747-SR
東京国際空港のR/W22への夜間着陸。
夜間着陸
手前に並んでいるのは、15番・16番スポットに駐機中のロッキードL1011 トライスター。
初号機が羽田空港に空輸されてきたときに、パイロットが手放しで自動着陸して見せたとか。
(ホント?)
「ワイド・ボディ」機として、2本の客室通路を持つ飛行機でした。
かなり短命で、その後に導入されたBoeing747-SRにどんどん追いやられ、あっという間に日本の空から
消えてしまいました。
この頃の羽田空港は、飛行機ファンにとってはとっても魅力的な空港でした。
飛行機の直ぐそばまで展望デッキが伸びていて、フェンスが無い部分があったり、
とにかく、展望デッキが広かった。
ゲートの端から端まで、その屋上が展望デッキになっていたような。。。。

8 comments

  • す・すごいレトロ感ですね^^;
    しかしレトロなものがかっこいいと
    感じるようになったのは歳を取った
    証拠でしょうか(汗)

  • おひさしぶりです。
    こんな懐かしい姿に会えるとは・・ビックリしました。
    うれしいです!
    ダヴィンチデザインのこのマーク、
    私たちは「やきとりマーク」と呼んでいました笑

  • 2枚目の光が流れてる夜の空港。いいですね。
    青い滑走路♪とか口ずさんでしまいそうです^^;

  • >dinoさん
    いやぁ?、お互いに歳ですかね。。。
    昔の写真をひっくり返しながら、「おーっ!」とか
    言っている自分がいて、歳を感じてました。

  • >angels eggさん
    ご無沙汰してます!
    「やきとりマーク」・・・懐かしい言葉が聞けて
    うれしいです!
    ちょっと怖いですが。。。

  • >つかさん
    裕次郎さんですね。
    ん?そんな感じがしますね。
    手前の2機がまた、古い飛行機ですし。
    この頃は本当に良かった。。。
    パイロットというより、操縦士という言葉のほうが
    ぴったりでした。

  • バックの離陸中で光を引いているのがとてもカッコいい!!
    ところで昔の飛行機ってみんなはなぽちがあるんですね。あれがあると飛行機の顔が人間的に見えてくる。

  • >mlkahさん
    まるでミッキーマウスの”はな”みたいですよね。
    愛着のある顔になってます。
    先端にあるレーダードームを守るための特殊塗装なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。