ANA A320-200

Airbus A320-200
乗客を乗せて飛んできて、次のフライトの準備をして、また新しい乗客を乗せて飛んでいく。
短い時間に機内清掃、点検・整備、貨物・荷物の積み下ろし、燃料補給など、様々な準備が
同時進行で進められる。
無駄が無い動き。すばらしい。
安全で楽しいフライトを乗客に提供するというゴール(目的)が全員に共有されているから
なんでしょうね。

4 comments

  • こんにちは、
    私は飛行機に乗る機会があればよく搭乗機のこの風景を、ぼーっと眺めています。
    のんびり働いているように見えますが、無駄が一切ないんでしょうね。

  • ☆COMETさん
    私も飛行機での出張の際は、かなり早めに空港へ行き、
    搭乗ゲート脇から飛行機を見たり、コンデジで写真を
    撮影するのですが、ちょっと恥ずかしいですね。。。

  • こんばんは。
    多くの離着陸を遅れることなく、少人数でこなしてるんですから、
    ホントすごいですよね。しかも寒い!
    見てると5分や10分遅れても気にならないんですが、
    1度だけ。。。
    東京?福岡最終便。
    整備のため搭乗が15分遅れます
    。。。さらに10分
    。。更にもうしばらく。。。
    滑走路になにやら赤いサイレンが。。ホントに整備か。
    侵入者だった。。。
    ちゃんと説明してくれればいいのに。。。

  • ☆つかささん、飛行機1機飛ばすのって大変なんですね。
    最終便で、そんなに遅れると、到着後、大変だったんじゃ
    ありませんか?
    (夜じゃ、空港の飛行機を見て楽しむってこともできませんしね。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。