似て非なる者たち

(1)主輪格納部
Boeing737
(2)主輪の数と付き方
Boeing767
(3)太さと主翼の形
Airbus A300
(4)主輪の数
Boeing777
(1)Boeing737-800(Skymark)
(2)Boeing767-300(ANA)
(3)A300-600R(JAL)
(4)Boeing777-200(ANA)

6 comments

  • いや?全然違うものなんですねー
    この記事を見逃していたらおそらく
    生涯知ることの無い事実でした^^;
    主輪の格納部分なんてなんで多数あったりするんでしょう?!
    そこは変える必要ないように思えてしまいます(素人考えですが)
    それぞれに理由があっていろんな形をしてるんだろうな?
    って考えると、違った見方ができて楽しみが増しますね☆

  • ☆donosauroidさん、
    人間観察と同じで、飛行機観察も
    それぞれの個性が見えてきて楽しいものです。
    一度、空港でボーっと飛行機を見てみてください。
    楽しいですよ?。
    離陸直後、車輪を格納するときのあの車輪格納ドアの
    動きなんか、器用な感じでおもしろいです。

  • 767と777の簡単な見分け方を以前調べたことがあります。車輪の数が違うということが分かったのですが、こちらの写真はとても分かりやすいですね。たいへん参考になります。

  • ☆sukiyakiさん、
    ありがとうございます。
    ぜひ、-200と-300も見分けてみてください。
    基本的に数字が大きくなるにつれて、胴体が長くなってます。
    (例外はありますが)

  • -200と-300、意識して見分けてみたいと思います。
    Airmanさん、ブログランキング1位ですね。

  • ☆sukiyakiさん、
    こんばんは。
    前方から3番目の非常ドアの場所に着目してみてください。
    ランキング、応援ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。