濃い青の空

昨日は札幌への日帰り出張でした。
ANA55便、Boeing747-481D(JA8099)で羽田空港から千歳空港へ。
濃い青の空
雲の層を抜けると、朝の青い空が広がっていました。
雲との境界線の水色から、高空の群青色まで、青のグラデーションが美しい。。。
今回は52Aの座席を予約し、翼をじっくりと観察。
下の写真は飛行機の傾きをコントロールするためのエルロン。
エルロンは主翼についていて、左右で上下逆の動きをすることにより、傾きをコントロールする。
エルロンが下がった方の翼は、揚力が増すことで上がり、エルロンが上がった方の翼は
揚力が減ずることで下がる。
左翼のエルロンがわずかに下がり、右に旋回開始。
エルロンUp
左翼のエルロンがわずかに上がり、水平に戻る。
エルロンDown
Boeing747には低速時用のエルロンと高速時用のエルロンがある。
翼の先端から中ほどにかけてあるのが低速時用のエルロンで離陸時と着陸時にしか
動くところは見る事ができない。
飛行中に動作するのはもっぱら上の写真にある高速時用のエルロン。
高速時は翼面を流れる空気の流れが速く、胴体に近い部分にある小さなエルロンで
十分に傾きをコントロールできる。
これを観ていると、どういう操縦がされているのかが想像でき、おもしろい。
下の写真はフライト・スポイラー。
高度を落とす際、使われる。
機首を下げ、高度を下げようとすると、速度も増す。
その速度をコントロールするのがこのフライト・スポイラー。
フライト・スポイラー
フライト・スポイラーを使っているときは、がたがたと飛行機が細かく震える。
空気って、目には見えないけど、あの大きな飛行機を震わせるのだから、
かなり大きな力をもっているんだなぁと実感する。

2 comments

  • ☆毘沙門のPIGさん、
    ありがとうございます。
    札幌への午前中のフライトはいつも”A”の座席を予約します。太陽が反対側にあるので、窓への映りこみが少なく、きれいに撮れるんです。
    この日も、猪苗代湖や鳥海山、十和田湖、八甲田山などを空から観ることできました。
    (雲が少々あり、覗き見程度でしたが。。。)

  • フライトの状態でここまで撮れているのは素晴らしいですね。
    目的意識を持って予約されているので良い写真が撮れますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)