ギャラクシー・エアラインズ

Airbus A300の2ショット
A300の2ショット
無事に着陸し、減速しているJALのAirbus A300-600Rの向こうに見えるのは、
ギャラクシー・エアラインズのAirbus A300-600。
この色使い、どこかで見たことある・・・・?!
あなたの街にもこの色合いのトラックが走っているはず。
そう、飛脚のマークの佐川急便。
佐川急便が2005年に設立した航空会社「ギャラクシー・エアラインズ」です。
トラックと同じ宇宙(銀河)と星雲をモチーフとした塗装。
残念ながら2008年の10月に廃業となってしまった。。。。
もう、この塗装を見ることは無い。
大型機を運行しながらも、他の航空会社に吸収されることなく廃業になった航空会社は
日本の航空史上初めてだとか。

2 comments

  • Airman 様
    羽田で一度見ただけで、それっきり。
    JALが一株主になっていたと思うので、機材はそのまま流れて、JAL CARGOになるのですかね。
    今後の去就が注目されますね。

  • ☆B777さん、
    こんばんは。
    ギャラクシーのA300は古い機体が多いですからねぇ。
    幸せな余生を遅れることを祈るばかりです。
    羽田の片隅にたたずんでいるギャラクシーの機体をみると、
    「しあわせにな!」と声を掛けたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。