方向舵

Boeing747-400 垂直尾翼
飛行機の姿勢をコントロールする3つの舵のうちの一つ「方向舵」(ラダー)
ヨーイングのコントロールを行う。
他の2舵とは、
エレベータでピッチングをコントロールし、
エルロンでローリングをコントロールする。
3つの舵のバランスが整って初めて飛行機は安定した飛行を実現する。
まるで人生そのものみたい。
今、私はすべりまくってる?!

2 comments

  • ・・・恥ずかしながら、コントロール・チェックしているところを生で見たことがないんです。(双眼鏡も持っていませんので・・・)

  • ☆B777さん、
    空港のデッキから、出発する飛行機を見てるとよく分かりますよ。(肉眼でも)
    特にエルロンのチェックをしているとき、スポイラーも立ち上がりますから。
    タキシングを開始して直ぐにフラップを降ろし、その後直ぐにコントロールチェックが行われます。
    今度、じっくりと観察してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。