日本航空 Boeing747-400

日本航空のBoeing747-400。
JAL Boeing747-400
堂々としていて、安定した飛びっぷり。
強い風にもピクリともせずに、滑走路を目指して降下してゆく。
Boeing747-400D Approach
この太く、短い4本の脚で巨体を支える。
隙間3段フラップをフルに降ろして、低速時でも揚力をしっかりと生み出す。
Boeing747-400D Main Gear
アプローチライトの列の真上を正確に飛びぬけ、羽田空港のR/W22へ。
日本航空Boeing747-400D 着陸
毎日、似たような写真ですが。。。。

6 comments

  • ☆そらさん、
    ありがとうございます!
    空を覆いつくすような大きな翼が頭上を飛び越えて行く。。
    滑走路まで約1200mの地点、降下角が3度として、高度は約62m。
    コックピットでは「200(ft)、ミニマム!」という声と共に、Landingの意思決定が行われる頃です。

  • ☆show5さん、
    城南島で、着陸してくる飛行機を待っていて、
    B747が降りてくるのが見えると、うれしくなるものです。
    B737やB767と比べるとやはり迫力が違います。
    翼の大きさに圧倒されます。

  • ☆B777さん、
    そうですよね、世界の空を長きに渡って支えてきたジャンボですから、がんばって欲しいですよね。
    ジャル君はちょっと疲れているのかも。

  • ジャンボも近くで見るとその迫力に圧倒されそうです。また離着陸の瞬間緊張する場面でもあるのですね。
    でもそれを感じさせない安定感のある機体とショットはやはり素晴らしいです。
    またいつも良いアングルから飛行機の写真を撮られていてブログ見るのが楽しみです。ありがとうございます。

  • 圧倒的な迫力と存在感はやはりジャンボならでは、ですね。
    3枚目の主翼下の4本の脚はかなりの迫力です。

  • JAL:コリアン君、カリカリしてるなぁ。
    私:そうなんでよ。
    JAL:腹へったら、元気はなくなるし、カリカリもするわな。
    私:今、注文の食事を、ガッついてますわ。
    JAL:コリアン君、お疲れさん。さて・・・
    私:どないしはったんですか?
    JAL:最近、トリプルとかネクジェネが頑張ってるやろ。
    私:そうでんな。
    JAL:活動範囲が狭まって来て、面白みがないのよねー
    私:・・・うーん、確かにそれはありますね。
    JAL:拗ねてる訳やないねんけど、あちこち行きたいねんな。
    私:少しずつ退役してますからね。
    JAL:ANAにおる同期も何人か退役してるやろ。寂しいねんな
    私:時代の流れですかね。
    JAL:わし、会社に要望しようと思うねん。
    私:何を?
    JAL:貨物機にしてくれって。
    私:BCFですか?
    JAL:そうや。旅客機としてはそろそろ限界や。
    私:そんなことはないですよ。
    JAL:いやいや、現実を見なアカン。
    私:・・・
    JAL:まだまだ飛んでいたい。若い奴らと一緒に空にいたいねん。
    私:・・・
    JAL:けど、このご時世、無理かもな・・・そうなったら、しゃーない。
    私:そんなことはないっ!必ず飛べますよっ!飛んで下さいっ!
    JAL:こればっかりは、どないもしょーがない。会社に任す。
    私:・・・(泣)
    JAL:なれるように、頑張って飛び続けるわ。わしには、それしか出来ん。
    がんばれっ!ジャンボさん。
    あなたは今もこれからも、みんなの指導者として、空に居続けて下さい。
    あなたの存在は、必要なのですから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)