到着

フライトを終え、羽田空港の第2ターミナルに戻ってきた、
全日空のBoeing767-300(JA601A)。
全日空 Boeing767-300(JA601A)
マーシャラーの誘導でゆっくりとスポットへ。
ゲート・イン
マーシャラーが翼を押さえ、飛行機を止める・・・な、わけない。
マーシャラーがゆっくりとパドルを交差させたところで飛行機を停止させる。
ゆっくりゆっくり
到着した飛行機に、様々な作業車両が取り付き、到着後の作業を開始。
到着後の作業
お帰りなさい。
次のフライトもがんばってね!

4 comments

  • ☆ミラさん、
    時代の流れは止められませんね。
    この日も、B747を見たのはホンの数回。
    主力はB777とこのB767でした。
    ところで、垂直尾翼の付け根の給油口みたいに見えるものは、
    飛行機の尾部にあるAPU(補助動力装置)の吸気口だと思います。
    地上に居るときに機内に電源を供給したり、エンジン始動の際の圧搾空気をエンジンに送り込む役目の第3のエンジンです。

  • ☆B777さん、
    いや?、B767はホント長いですね。
    いまだにあちこち飛び回って、弟分のB777にその背中を
    しっかりと見せているよう。
    表彰モンです。

  • 767は本当に国内、国際線共によく働いてますね!
    787が予定通り導入されていれば退役も本格化していたんでしょうね><
    毎回思うのですが、垂直尾翼の付け根の部分の、給油口みたいなのが開いてますが、なんなのでしょうか?
    ベアドゥはコアラのマーチにしか見えません!w

  • B767は本当に良く働きますね。
    (表 彰 状)
    貴殿は多年に亘り多くのお客様に笑顔とゆとりを与え、今尚、第一線で活躍し、航空業界に格別の力を致し貢献せられた功績は多大であります。
    依って、茲に表彰状を呈し、その功績を顕彰します
    平成21年5月27日
    航空機を愛する実行委員会
    ボーイング767 殿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)