Boeing777のメカな部分

Boeing777のR1ドア。
ドアの下半分の出っ張りには、スライドラフトが格納されている。
飛行機に乗っていて、ドアが全て閉まるとキャビンアテンダントの
「客室乗務員はセレクターレバーをオートマティックに。。」という
業務連絡がありますが、ドアについているセレクターレバーをオートマティックに
することで、ドアを開いたときに自動的にスライドラフトが展開するようになる。
飛行機のドア
前輪は意外とシンプル。
地上から電源供給用のケーブルが接続されている。
ピンクのバッグ(?)は地上係員のもの。
飛行機の前輪
飛行機のお腹にカテーテルを入れて、汚物を吸い取っているみたい。
お腹から太い管が
空港の展望デッキからだと、飛んでいるときには見えない飛行機のメカニカルな
部分が見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。