フラップを離陸位置に

フラップ 展開開始
フラップ 展開途中
可変カンバーフラップとクルーガーフラップ
3段隙間フラップ
滑走路に向けてタキシング開始直後にフラップを離陸位置に展開する。
Boeing747のフラップは前縁と後縁にあり、前縁は内側のクルーガーフラップと外側の可変カンバーフラップの2種類になっている。
後フラップは隙間のあるフラップとなっている。
隙間が無いと、気流が剥離してしまう。
このフラップが主翼面積を大きくし、離着陸の低速時に失速するのを防ぐ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)