スカンジナビア航空

デンマークの首都、コペンハーゲンからやってきたスカンジナビア航空の
SK983便、Airbus A340-300(OY-KBM)。
10時間50分のフライトのあとの着陸。
スカンジナビア航空 到着 1
尾翼に描かれた”SAS”の字体は昔から変わらない。
スカンジナビア航空 到着 2
Boeingの飛行機と違って、Airbusの飛行機の顔はなんとなく気高く感じる。
鼻(機首のレーダー格納部分)が上向き?っぽく見えるせいか?!
スカンジナビア航空 到着 3
機体の色はとーっても地味・・・。
スカンジナビア航空 到着 4
3時間ほどのステイのあと、再びSK984便としてコペンハーゲンに向けて出発。
西に向かうフライトのため、飛行時間は11時間25分。
スカンジナビア航空 出発 1
着陸してきたコンチネンタル航空のBoeing777を見ながら成田空港のR/W16へ離陸のために地上滑走する。
スカンジナビア航空 出発 2
スカンジナビア航空も全日空と同じ、スターアライアンス加盟の航空会社。
スカンジナビア航空 出発 3
離陸滑走開始。
このあと、かなり長い距離を走ってからようやく飛び立って行った。
あまりにも滑走路の先のほうだったので、離陸の瞬間は撮影できなかった・・・。
スカンジナビア航空 出発 4
フィンランドとか、コペンハーゲン。
一生のうちに一度は行ってみたい北欧。
短い夏の、長い一日を、歴史を感じる古い町並みを見ながら過ごしてみたい。

2 comments

  • ☆show5さん、
    たしかに、エアバスの飛行機全てがとがった鼻をしているわけではないですね。。。なるほど。
    そういえば、B737はシャープな鼻をしてましたね。
    A320は丸っこいのに。
    やはり、”違い”を意識したのでしょうか。

  • エアバスの機体って鼻がとがっていてシャープな印象ですよね。
    A300、330、340、どれもかっこいいです。
    A320やA380は逆に丸いですよね。
    ボーイングの同クラスと比べるとちょうど逆の印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)