ANA Boeing747 Landing

羽田空港のR/W34LへアプローチするANAのBoeing747-400
アイドル近くまで絞られたエンジンからのジェット後流が見えて、カッコいい!
ANA Boeing747-400 Approach
スレッシュホールドを超え、ゆっくりとフレアをかける。
川崎市の工場群と妙にマッチしている。
ANA Boeing747-400 Landing
堂々としたこの姿!
約250tの巨体が、地上に帰る。
全日空 Boeing747-400 着陸
遠く、千葉県の木更津の方向からアプローチする機体を見て、
4つのエンジンが見えると、わくわくする。
「ジャンボだ!」
まるで、空中に作られたスロープを滑り降りてくるように、アプローチコースを進んでくる。

2 comments

  • こうやって見ると、ジャンボはデカイのが分かります。
    車輪の数も多いですね。
    ウイングレットが付いていないと、何か淋しい感じに見えます。
    前から思っているのですが、垂直尾翼が大きいので、ロゴマークをネオンみたいに点滅させたら・・・と思うのですが、センスないですかね?
    ジャンボは、青であろうが赤であろうが
    クジラに見えます。
    悠々と大空を泳いでるのでしょうね。

  • ☆B777さん、
    一昔ほど前になりますでしょうか、
    ANAが”マリンジャンボ”を飛ばしていましたね。
    機体全体の特殊塗装の元祖だと思います。
    まさに、クジラが空を飛んでいました。ジャンボの親クジラとB767の子クジラの2バージョンがありました。
    >クジラに見えます
    で思い出しました。なつかしいなぁ。
    ロゴマークのネオンみたいな点滅・・・
    発光ダイオードで数秒おきにいろいろな色に変化したら、
    キレイでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。