城南島にて

昨日、久しぶりに城南島海浜公園に行ってきた。
到着したときには、R/W34Rが離陸、R/W34Lで着陸が行われていた。
風は弱く、また気温も高いせいか、離陸距離が長くなっていた。
そうなると、城南島の北側で右旋回するパターンが多くなり、絶好のシャッターチャンスとなる。
ANAのBoeing747-400D(JA8964)の上昇
ANA Boeing747-400D(JA8964)
ANA Boeing747-400D
JALのBoeing777-200(JA8984)エコジェットの上昇旋回
JAL Boeing777-200(JA8984) エコジェット
JALのBoeing777-200(JA009D)
この機体は元JASのグルグルレインボーで、その後JALではタマゴッチとなった。
今は通常塗装で粛々と飛んでいる・・?!
JAL Boeing777-200(JA009D)
午前中は城南島上空から空港南側にかけて雲が広がり、青空が見えたのは北側の東京都上空のみ。
離陸して、上昇しながらの右旋回中のみが青空をバックにした飛行機のシャッターチャンス。
だが、
非常にショックだったのは、帰宅して現像して気付いたのですが、
カメラのISO設定がなんと1600になっていた!
画質がとにかく粗い・・・・物凄くショックでした。自分が悪いのですが。
というわけで、お見苦しいかも知れませんが、久しぶりにせっかく撮影してきた飛行機達の写真ということで、掲載させていただきます。。。

5 comments

  • ☆AirOyajiさん、
    ありがとうございます!うれしいです。
    試行錯誤の繰り返しなんですが、どうしたら飛行機が美しく、かっこよく見えるかなーって考えながら撮ってます。
    いつも応援ありがとうございます。
    確かに、ウィングレッドがトリプルセブンについてませんね。。。なぜなんだろう。
    そもそも翼端の形状で翼端渦が大きな抗力にならないのでは??
    他の機種に比べて細いですしね。
    あくまでも想像ですが・・・。

  • ☆B777さん、
    ありがとうございます!
    救われた気分です。
    被写体が良いから、少々写真の腕が悪くても・・・と、
    少々開き直っちゃいました(笑)
    ISOとは、フィルムの光感度のことで、数字が大きくなれば、暗い所でも写るようになります。
    それにしてもトリプルセブンの主翼はカッコいいですよね。
    スラーっとしていて、しなやかそうで、長くて。
    城南島でR/W34Rを離陸してくるときは、ほぼ正面から離陸機を見るのですが、B777はその翼の長さと反り返りで一目で分かります。

  • トリプルセブンの主翼は、先端がスマートで他の飛行機と違う形状をしていますね。それに、ウィングレッドが装備されてないですが、どうしてなんですか?ウィングレッド付のトリプルセブンも見てみたいですね。

  • 自分もカメラの知識が乏しく……
    粗いか、どうかは判りませんが、これも味があって良いと
    思いますよ。よく、わざとピントをボカシタリ、露出を絞ったりしますよね。前から、思ってましたが、自分も、あんな写真が撮れたらなぁ?と…いつもながら、ため息つきながら、拝見させて頂いております。ありがとうございます。

  • カメラの知識が全く持って乏しいので、ISOの意味が未だパッとしません。
    粗くてもキレイな写真であることには、変わりまりません!
    トリプルセブンの主翼は、カッコいいです!
    デジタルスチルカメラしか持っていない私では、こんな写真は撮れない。
    やっぱり一眼レフですよね。。。
    撮りたい写真が思うように撮れない、歯がゆさを痛感しています。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)