飛行機のお腹(Boeing編)

本日はBoeingの飛行機のお腹です。
まずはBoeing737シリーズ。
SNA(スカイネットアジア航空)のBoeing737-400(JA737E)
Boeing737-400(JA737E)
ADO(エア・ドゥ)のBoeing737-500(JA8404)
Boeing737-500(JA8404)
JAL(日本航空)のBoeing737-800(JA737T)
前の2枚と比べると、翼形が違いますね。
Boeing737-800(JA737T)
ANA(全日空)のBoeing767-300(JA8677)
Boeing767-300(JA8677)
ANA(全日空)のスターアライアンス塗装のBoeing777-200(JA712A)
トリプルセブンはいつも島の北側で旋回していたため、斜め下横からの写真になります。
Boeing777-200(JA712A)
ANA(全日空)のBoeing747-400(JA8964)
Boeing747-400(JA8964)
Boeing737は主輪の格納ドアが無く、タイヤが剥き出しなのですぐに分かります。
いずれも、肩のラインというか、主翼の付け根前縁のカーブが美しいですね。
昨日のAirbusの飛行機は胴体から唐突に突き出ているという感じでした。
いつも、空港や城南島には午前中からお昼頃にかけて出かけるのですが、この日は午後から夕方までいました。
日没が早くなったこの季節、3時過ぎからは太陽の角度が刻々と変わるようで、
その太陽の光によって飛行機の表情が変わっていくのが分かり、新たな発見でした。
金色に輝く飛行機の翼はそれはそれは美しいものでした。
昨日、山道を沢山歩いたせいか筋肉痛だぁ。。。。

6 comments

  • ☆みっくんままさん、
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    もしかしたら、歩いているときに抜かした6台のバスのうちの1台に乗っていらしたんですね。
    全然動いていなかったですもんね。
    別のコメントで頂いたのですが、浦賀駅からなら徒歩20分で、坂道もそれほどきつくないそうです。
    来年はそちらから攻めましょう!
    今後ともよろしくお願いいたします!

  • ☆AirOyajiさん、
    B777とB767を簡単に見分けるとしたら、
    尻尾の形ですね。
    エンジンの大きさも違うのですが、ぱっと見では分からないですよね。
    尻尾(APUの排気口の形は明らかに違うので、見分けやすいかと思います。)
    ちなみに、一緒に行ったカミさんはまだ筋肉痛になってないそうです。明日辺り痛くなるんじゃない!?と笑ってます。

  • ☆B777さん、
    ありがとうございます。
    夕暮れ時の城南島は初めてだったのですが、
    金色に輝く主翼がとてもきれいでした・・・。
    B737のメインギア、本当に”目”のようですね!
    「顔」を書いてみたくなりますね。。。

  • みっくんまま

    私は馬堀海岸から、バスに乗りました。
    大体2時間かかりました。
    もちろんブルーインパレスはバスの中。
    姿が窓から見えると、バスの中では大騒ぎでした。
    防衛大に着いたときには終わってしまいました。
    30分で学校に着くのなら、来年は歩きます。
    ビデオも買って、行ったのですが。
    来年、リベンジです

  • やはり、767と777は似てますね。下から見ると、
    違いが難しく思えませんか?上からも自信が有りません。
    昨日の今日で筋肉痛になるなんて、まだ若い証拠ですよ。
    自分なんて忘れた頃に、なりますけど………羨ましいです。

  • 5・6枚目の写真、本物ですけどCGや模型みたいな質感があって好きな写真です。
    1・2・3枚目はメインギアが目のようで、飛行しながらも大きな目で地上の景色を見てるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)