ロシアの飛行機

現在「週刊 飛行機ダイスキ!」で公開中の「Symphony of The Air」チャイコフスキー交響曲第6番にちなんでロシアの飛行機を!
アエロフロートのAirbus A330-200(VQ-BBG)。
成田空港を13時5分に出発するSU582便、モスクワ経由ロンドン行き。
Aeroflot  Airbus A330-200 1
Aeroflot  Airbus A330-200 2
Aeroflot  Airbus A330-200 3
機首のところに、何か書いてあるのですが、ロシア語なのでさっぱり分かりません・・・
Aeroflot  Airbus A330-200 4
Aeroflot  Airbus A330-200 5
ロシアもEUのAirbusの飛行機を使う時代になったんですねー。。。
感慨深いものがあります。
東西冷戦終結からいろいろなことがありましたね。

2 comments

  • ここのロシア機の記事を先日書きましたが
    とうとうA330-200が就航するほどになったんですね。
    装備しているエンジンもCXと同じロールスロイスで
    隔世の感がありますね。

  • ☆Mattariさん、
    Mattariさんが先日、「週刊 飛行機ダイスキ!」に書いた記事に掲載された写真と比べると
    同じ航空会社とは思えませんね。
    時代の流れって恐ろしい(すばらしい?!)
    ヨーロッパの資本主義諸国と高い壁を気付いていた国が
    今はヨーロピアン Airbus A330を飛ばしているのですから、
    世界の時代の流れを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。