Aeroflot-Russian Airlines Airbus A330-200

Aeroflot-Russian Airlines(ロシア語ではАэрофлот-Российские авиалинии)のAirbus A330-200(VP-BLX)。
このところ日本は寒波に包まれ、非常に寒い日が続いていますが、ロシアはもっと寒いんでしょうね。
アエロフロートの飛行機も寒い国をイメージさせるカラーリングです。
成田空港のR/W34Rへ着陸し、スラストリバーサを作動させて減速しているAirbus A330-200。
Aeroflot A330 Landing
暖かな午後の日差しを受けて第1ターミナルのスポットに向かう。
Aeroflot A330 Taxi to spot
短い日本滞在を終え、再びロシアへ向かうためにR/W34Rへ向かう。
Aeroflot A330 Taxi to runway34R
機種部分にロシアの国旗と所属するSKY TEAMのロゴと何かが書いてあります。
Aeroflot A330 Nose
R/W34Rを離陸するA330-200。
Aeroflot A330 Take Off
上昇を開始したA330-200。
Aeroflot A330 Climb
かつてのアエロフロートといえば、イリューシンとかツポレフ、アントノフなどソ連製の飛行機ばかりでしたが、東西冷戦が終結し”ロシア”となってからは、BoeingやAirbusといった西側の飛行機を積極的に導入している。
まだ、一部イリューシンやツポレフの飛行機も残っていますが、大部分はAirbusの飛行機で運航されています。
世界が変わったことを実感できますね?!
ところで、本日の「週刊 飛行機ダイスキ!」では”Airmanの飛行機写真館【番外編】”として、1月27日に発表された2010年度ANAグループ航空輸送事業計画に記載してあった国際線仕様Boeing747-400の年度内全機退役を受けて、ANAのBoeing747-400の写真をてんこ盛りで掲載しています。そちらもご覧ください!

5 comments

  • ロシアの軍需産業 ?軍事国家の下の軍需産業

    軍需雇用 ソ連時代の軍需生産従業者については、米国の経済学者ガディーによる推計がある。かれは軍産複合体の民需生産 を切り離し、ソ連を構成していた共和国であ…

  • ☆JA15KMさん、
    おはようございます!
    はい、アエロフロートはロシアの航空会社です。
    ソ連時代から続く、国営航空会社ですね。
    私が学生の頃までは、自国製の飛行機ばかりで、
    珍しい飛行機!と喜んでいたのですが、東西冷戦終結以降、
    エアバスを主に飛ばしていて、SKY TEAMにも所属しています。

  • ☆AirOyajiさん、
    お疲れ様です。
    アエロフロートは昔は白い機体に、青いライン、尾翼には国旗というオーソドックスなデザインでした。
    新しいデザインは、氷のような冷たさを感じさせますね。
    夏なら、涼しげで良いのかもしれませんが。。。
    ロシアはもう旅客機は製造していないのでは?と思います。
    イリューシンやツポレフ、アントノフの新しい型のニュースを聞かないので、既存の飛行機の保守のみ?
    お仕事お気をつけてください!
    いつもありがとうございます。

  • こんばんは♪
    アエロフロートってロシアの航空会社なんですか?
    成田でもあまり見た記憶がないので・・・(^^ゞ
    カラーも冷たい印象を受けるのは私だけでしょうか?

  • 今日もお疲れ様でした。
    アエロフロートは昔からこんなカラーなんですか?
    なんか寒そうな如何にもロシアって感じですね。もうロシアは飛行機は造って無いんでしょうか?そう言えば、旧ソ連製のはボーイングに真似てる飛行機がありましたね。安全に飛べるなら真似しても良いでしょうが‥‥。
    今日も今から仕事です。明日、またお邪魔させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)